芸能

愛川欽也さん みんなが憎しみ合わなくて済む方法を探ってた

遺す“家族たち”を気にかけていたという愛川欽也さん

 4月15日早朝5時、愛川欽也さん(享年80)が肺がんのため都内の自宅で息を引き取った。悲しみの淵にいる妻・うつみ宮土理(71才)を複雑な想いで見つめている女性がいた。愛川さんの前妻だ。愛川は前妻と2人の子供と別れ、うつみとの再婚を選んだ過去がある。

「離婚時、愛川さんは都内の自宅や貯金など、全財産を前妻に残してまでうつみさんとの生活を選んだ。

 でも、それで彼女が全てに納得したわけではありません。離婚翌日に結婚という思いやりのなさ。とくにあの時お嬢さんは18才。多感な年頃にこんな仕打ちを…と言葉にできない思いを抱えていました。だからこそ、そんな思いをさせてまで奪っておきながら自由気ままに生活しているように見えるうつみさんに対しても許せない気持ちが大きいんでしょう」(前妻の知人)

 前妻は今も、以前家族4人で暮らした自宅で日々を送る。17日の葬儀に長男、長女は参列したが前妻は姿を見せなかった。

「前妻とうつみさんの間に生じているこの溝が今、思わぬ火種になりつつあるんです」(芸能関係者)

 生前、愛川さんが持っていた資産は、都内の自宅と土地、そして中目黒の劇場と土地など合わせて10億円は下らないという。法律通りの分配であれば、遺産はうつみが2分の1、前妻の2人の子供たちが4分の1ずつ相続することになる。

「でも、うつみさんにしてみれば、愛川さんは劇場を作ったり、飲食業に手を出して失敗したりと、むしろ借金が多くて、不動産以外の資産は全て彼女が稼いだものだそうです。うつみさんは、それら全てが愛川さんの遺産扱いになって前妻の子供たちにも分配されることを考えると、なんとなくざわざわとした気持ちだそうです」(愛川さんの知人)

 一方、愛川さん自身は、死の間際、うつみだけでなく、前妻や子供、そして晩年のパートナー的存在であった劇団キンキン塾所属の女優・任漢香(38才)へも思いを馳せていたという。

「愛川さんからすれば、みんな家族ですからね。前妻や子供、愛人の任さんに対しても、“責任を果たしたい”という気持ちが大きかったようです。みんなが憎しみ合わなくて済む方法はないかな、なんて話をしてましたから…」(別の愛川さんの知人)

 病の床で伝えたかったであろう男の“遺言”。もどかしさの中で、命の灯は静かに消えた。

※女性セブン2015年5月7日号

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン