スポーツ

桑田真澄 「MLB内野手成功例少ないのは日本的教育の影響」

世界で通用する内野手を育成するためには(桑田真澄氏)

 38歳で米大リーグに挑戦した桑田真澄氏は、選手としてプレーすることだけでなく、アメリカの野球を直接見て、その後の人生に役立てることを目的にしていた。パワーとスピードだけでなくトップ選手は細かい技術も日本以上だと実感したメジャーとの違いから、日本の野球の良さと弊害を知る桑田氏が、世界で通用する内野手を育てるために必要なことを分析した。
 
 * * *
 メジャーで日本人内野手の成功例がほとんどないのは「日本的教育」が大きいかもしれません。もともと肩の強さはメジャー選手に劣っているうえ、「逆シングル捕球の拙さ」が目立ちます。「必ず打球の正面に入って両手で捕れ」と指導されてきたせいです。俊足揃いのメジャーでは逆シングルで捕らないと間に合わない。世界で通用する内野手を育てるため、子供の頃から練習すべきでしょう。

 イチロー君や松井秀喜君をはじめとした一流選手がメジャーに挑戦したことは、国内で活躍する日本人選手に新たなモチベーションを与えました。これは日本球界全体に大きなプラスになったと思います。

 また、日本野球はメジャーとの融合で進化しました。野球の技術だけでなく、ファンサービスや球場のエンターテインメント性など、球団もビジネス面で貪欲に吸収している。野茂英雄君がメジャーに挑戦していなければ、日本の野球は今より衰退していたでしょう。

 野茂(英雄)君の挑戦からの20年間に生まれた野球とベースボールの“化学反応”は、日米両国のスタイルを大きく進化させました。次の20年は日本のアマチュア野球の長所を残しつつ、猛練習や「誤解された基本プレー」などの課題をメジャーを参考にしながら解決できたらよいと思っています。

■くわた・ますみ/大阪府出身・47歳。PL学園から読売巨人軍に入団。2007年にピッツバーグ・パイレーツへ移籍。2008年に現役引退後、早大院卒。現在は野球解説者。

※週刊ポスト2015年5月29日号

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン