スポーツ

イチロー・松井・新庄・井口・田口 MLBが震撼の興奮シーン

 野茂英雄が鮮烈なMLBデビューを飾ってから今年で20年。以後、投手だけでなく野手も続々と海を渡るようになったが、記憶に残る名シーン(野手編)を振り返ってみよう。

●イチロー「オールスター史上初のランニングHR」
(2007年7月10日・マリナーズ在籍のオールスターゲーム=AT&Tパーク)

 78回の歴史で初、イチローにとっても「生まれて初めて」の経験だった。右中間に伸びた打球を憧れのケン・グリフィーJr.が追う。しかし、フェンスに跳ね返ったボールは逆方向に転がり、イチローは一気に本塁へ。この快挙でMVPに輝いた。

●松井秀喜「ワールドシリーズMVP」
(2009年11月4日・ヤンキース在籍のフィリーズ戦=ヤンキースタジアムでのワールドシリーズ第6戦)

 第2打席でペドロ・マルティネスからシリーズ3本目となる先制2ラン、その後も2本のタイムリーで1試合6打点のシリーズタイ記録をマーク。前日に取材した際は「目の前の試合に集中するだけ」と話していた。不動心が支えた快挙だった。

●新庄剛志「DL覚悟のカミカゼ・スプリント」
(2001年6月17日・メッツ在籍のヤンキース戦=シェイスタジアム)

 サブウェイシリーズ屈指の名試合。8回裏1死一、三塁、遊ゴロを放った新庄は左太もも裏を痛めていたが激走、スライディング。併殺を崩し次打者ピアッツァの逆転2ランと勝利を呼び込んだ。日本よりニューヨークで語り草の伝説的プレー。

●井口資仁「世界一への流れを呼んだ逆転3ラン」
(2005年10月5日・ホワイトソックス在籍のレッドソックス戦=USセルラー・フィールドでの地区シリーズ第2戦)

「スマートベースボール」を標榜したオジー・ギーエン監督が「チームのMVP」と信頼を寄せていた2番セカンドの井口。下馬評では不利とされたレッドソックスとの地区シリーズのスイープを決定づけたのが第2戦、5回の逆転3ランだ。

●田口壮「リーグ優勝を手繰り寄せる決勝ホーマー」
(2006年10月13日・カージナルス在籍のメッツ戦=シティ・フィールドでのリーグ優勝決定シリーズ第2戦)

 トニー・ラルーサ監督(当時)をして「野球を深く理解している」と評された田口。スーパーサブとしてチームを支えたが、この日は主役に。同点の9回表、ビリー・ワグナーの98マイルの剛速球を左翼席に叩き込む大殊勲となった。

※週刊ポスト2015年5月29日号

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン