芸能

2010年の岡村隆史の休養 病院診察を勧めたのは大泉洋だった

ナイナイ岡村が休養の際、診察を勧めた大泉洋

 朝ドラに、映画にと現在引っ張りだこの大泉洋(42才)。現在、レギュラー出演中のNHK連続テレビ小説『まれ』で、土屋太鳳(20才)演じる主人公・津村希の父親・徹役を熱演している。一体どんな人物なのか。

 北海道出身の大泉は、大学在学中に演劇集団『TEAM NACS』を結成。在学中の1996年10月から出演した北海道ローカルのバラエティー番組『水曜どうでしょう』(北海道テレビ放送)が深夜枠にもかかわらず最高視聴率18.6%を記録する超人気番組となり、一躍、大泉は“北海道のスター”となった。

“全国区のスター”という“でっかい夢”をつかもうと、2005年に『救命病棟24時』(フジテレビ系)で全国ネットの連続ドラマ初出演を果たすと、以降は『小早川伸木の恋』(フジテレビ系)、『ハケンの品格』(日本テレビ系)など話題のドラマに次々と出演、映画『探偵はBARにいる』に主演するなど実力派俳優として知名度を上げた。

 しかし、デビュー当時は北海道の実家で暮らし、出稼ぎ感覚で東京で仕事をしていたという。かつて大泉は女性セブンの取材に対してこう語っている。

「なんですか? ぼくがマザコンだとでも言いたいんですか? なんだかんだ言って男はみんなマザコンなんですよ。なぜ、年頃になったら家を出なきゃならないんですか! 確かに、ぼくのことを自立できない男というヤカラは多いですよ。えぇ、親にまで言われています」

 この“ボヤキ”こそが、大泉の魅力のひとつなのだ。そこに誰かいれば「笑わせたいという衝動が抑えられない」と公言する大泉。その下地は保育園の頃から育まれた。

 他の子供がアニメやゲームに夢中になるなか、彼は母親が買ってきたという落語のテープやお笑い番組にハマり、保育園では、「そうだろう、さくら」と寅さんのモノマネをして大人たちを笑わせていたという。

“芸人でもないのに、バラエティーでふざける自分を芸人たちは快く思っていないのでは”と負い目を感じていたという大泉だが、ナイナイ・岡村隆史(44才)とは共演を重ねるうちに食事に行く仲に。

「大泉さんは会計のタイミングになるとトイレに行き、岡村さんに奢らせるそうです。それをラジオで岡村さんに暴露されて逆ギレしてましたけどね(笑い)。ただ、2010年に岡村さんが休養した時には、誰よりも先に岡村さんの病気に気がついて、“病院に行った方がいい”とアドバイスしたのが大泉さんだったんです」(テレビ局関係者)

※女性セブン2015年6月4日号

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン