芸能

能年玲奈 『ホットロード』出演で周囲とますます関係が悪化

 2013年のNHK朝ドラ『あまちゃん』でのブレイク後、多数のCMにも出演するなどしたものの、最近はメディア露出が激減した能年玲奈(21)。週刊文春(5月7・14日合併号)は、彼女が所属事務所(レプロエンタテインメント・以下「レプロ」)から過酷な待遇を受けていたことを報じたが、一方で事情を知る関係者に取材を進めると、能年の担当マネージャー・X女史が能年からの厳しい言葉に悩み、昨年春には長期の休養に入っていたことも明らかになった。

 関係者によれば、能年と周囲との関係がますます悪化したきっかけが、2014年夏に公開された主演映画『ホットロード』だったという。

 この映画出演は『あまちゃん』より前に決まっていたが、朝ドラ出演が決まったため、配給会社がクランクインを延期して待ったとされる。ところが、2013年11月のクランクインが近づくと能年は、「キスシーンはできない」「(ホットロードの)不良役やヤンキー役は世間が私に抱く『あまちゃん』の天野アキとかけ離れすぎている。ファンが逃げる」と、出演を渋り始めたという。X女史の知人で、これまで相談を受けてきたA子さんがいう。

「『あまちゃん』でも福士蒼汰さんとのキスシーンがあったのですが、顔を重ねる“擬似キス”になりました。能年さんが拒んだそうです。能年さんは女優業を始める時、『なんでもやる』といっていたそうで、それをXさんが指摘すると、“私のことを何もわかっていない!”“ファンが逃げる!”とまた怒り出すのだそうです」

 確かにホットロードでも「疑似キス」だった。

 このころ能年は、事務所に対して他にも首を傾げる要求をしていた。その一つが、映画『進撃の巨人』への出演である。文春の記事では、事務所が〈オファーを断った〉とされているが、真相はだいぶ違うようだ。

 実は、事務所へのオファーが入る前に、能年は知人を介して同映画の監督と接触していた。芸能界では事務所の頭越しの交渉は絶対のタブーであり、話は白紙になった。

 それを知った能年は事務所側に、“監督とはたまたま会っただけ。悔しすぎて死にそう”“私以外の誰かがやると考えると、もう気が狂いそう”などと極めて不穏当な言葉を並べて「出演したい」と強く訴え続けた。さらには“出演させてもらうために土下座しに行きたい”という常軌を逸したメールまでX女史に送っていたという。

 そして2014年2月になると、能年は突然、「事務所を辞めたい」と言い始めた。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン