• TOP
  • 芸能
  • 熊切あさ美 愛之助と破局否定も2人の別れを示す決定的証言

芸能

2015.05.28 14:00  女性セブン

熊切あさ美 愛之助と破局否定も2人の別れを示す決定的証言

愛之助との破局を否定した熊切だが…

 女優・藤原紀香(43才)との「同棲愛」がキャッチされた歌舞伎役者の片岡愛之助(43才)。愛之助と交際していたタレント・熊切あさ美(34才)の所属事務所は「まだ(愛之助と)付き合っています」と破局を否定したと報じられたが、親しい知人は「もうふたりは別れている」と証言している。

 愛之助が熊切と交際宣言したのは2013年2月のことだった。

 佐藤江梨子(33才)や元タカラジェンヌ・愛原実花(29才)など、美女と次々と噂になってきたモテ男の愛之助。そんな彼が初めて堂々と交際を認めたのが“崖っぷちアイドル”といわれていた熊切だったため、世間は騒然となった。

 当初、愛之助は“結婚”について聞かれ、  「まだ普通におつきあいしているだけですけど、うまくいけばいいですね」と、のろけコメントを連発していた。しかし、ふたりの恋には大きな障害があった…。それは愛之助の養父・片岡秀太郎(73才)の存在である。

「交際が報じられた時、愛之助さんは秀太郎さんとの共演舞台に向けての稽古中だったんですが、愛之助さんの芝居の出来が、いまひとつよくなくて…。秀太郎さんは“浮かれて芝居に身が入らないなら、もう会うのはおやめなさい!”と怒鳴ったそうです。

 大阪の町工場の長男として生まれた愛之助さんは、血筋を大切にする歌舞伎界では、当初不遇の日々を送っていました。そんな彼を自分の後継者として養子縁組して、一人前の歌舞伎役者に育てたのが秀太郎さんなんです。そのため愛之助さんにとって秀太郎さんの言うことは“絶対”なんです」(歌舞伎関係者)

 ふたりは逆風の中にあっても、2013年の夏には歌舞伎座近くの高級マンションで“半同棲”をスタートさせ、ついには“結婚秒読み”という言葉も聞こえてくるほど、順調な交際を続けていたはずだった。

 だが、2014年4月に一度、破局報道が出ると、その後はネガティブな報道が続いた。

「熊切さんは“私は結婚したいのに、彼の後援会の偉い人たちが猛反対していて…。本当に毎日がつらくて…”なんて漏らしていました」(熊切の知人)

 歌舞伎の世界では、後援会の影響力や発言力が大きいため、愛之助も結婚には二の足を踏むようになっていく。

関連記事

トピックス