芸能

熊切あさ美 愛之助と破局否定も2人の別れを示す決定的証言

愛之助との破局を否定した熊切だが…

 女優・藤原紀香(43才)との「同棲愛」がキャッチされた歌舞伎役者の片岡愛之助(43才)。愛之助と交際していたタレント・熊切あさ美(34才)の所属事務所は「まだ(愛之助と)付き合っています」と破局を否定したと報じられたが、親しい知人は「もうふたりは別れている」と証言している。

 愛之助が熊切と交際宣言したのは2013年2月のことだった。

 佐藤江梨子(33才)や元タカラジェンヌ・愛原実花(29才)など、美女と次々と噂になってきたモテ男の愛之助。そんな彼が初めて堂々と交際を認めたのが“崖っぷちアイドル”といわれていた熊切だったため、世間は騒然となった。

 当初、愛之助は“結婚”について聞かれ、  「まだ普通におつきあいしているだけですけど、うまくいけばいいですね」と、のろけコメントを連発していた。しかし、ふたりの恋には大きな障害があった…。それは愛之助の養父・片岡秀太郎(73才)の存在である。

「交際が報じられた時、愛之助さんは秀太郎さんとの共演舞台に向けての稽古中だったんですが、愛之助さんの芝居の出来が、いまひとつよくなくて…。秀太郎さんは“浮かれて芝居に身が入らないなら、もう会うのはおやめなさい!”と怒鳴ったそうです。

 大阪の町工場の長男として生まれた愛之助さんは、血筋を大切にする歌舞伎界では、当初不遇の日々を送っていました。そんな彼を自分の後継者として養子縁組して、一人前の歌舞伎役者に育てたのが秀太郎さんなんです。そのため愛之助さんにとって秀太郎さんの言うことは“絶対”なんです」(歌舞伎関係者)

 ふたりは逆風の中にあっても、2013年の夏には歌舞伎座近くの高級マンションで“半同棲”をスタートさせ、ついには“結婚秒読み”という言葉も聞こえてくるほど、順調な交際を続けていたはずだった。

 だが、2014年4月に一度、破局報道が出ると、その後はネガティブな報道が続いた。

「熊切さんは“私は結婚したいのに、彼の後援会の偉い人たちが猛反対していて…。本当に毎日がつらくて…”なんて漏らしていました」(熊切の知人)

 歌舞伎の世界では、後援会の影響力や発言力が大きいため、愛之助も結婚には二の足を踏むようになっていく。

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン