芸能

最新芸能記事のRSS

辻希美からママ友が離れたとの懸念 「長女の運動会でポツン」

2015.06.04 07:00

 東京でも30℃を超える暑さとなった5月末の土曜日。全国各地で運動会が行われ、元気いっぱいに駆け回る

 東京でも30℃を超える暑さとなった5月末の土曜日。全国各地で運動会が行われ、元気いっぱいに駆け回る子供たちに、保護者たちも懸命に声援を送った。

 辻希美(27才)、杉浦太陽(34才)夫妻もこの日は長女(7才)の運動会とあって、一家は朝8時30分過ぎには校庭に。夫婦と長男(4才)、次男(2才)、加えて祖父母、姉夫婦も駆けつける大所帯で、保護者の応援スペースに席を取っていた。

 しかし、なんだか不自然な様子も。そういえば辻に話しかけるママ友がいないのだ。辻は、長女が出る競技の時にはギリギリまで前に出て大声で応援を送っていたが、他のママたちとの微妙な距離はあいたまま…。

「公立の小学校で、近所づきあいもあるので、運動会のお昼の時間には友達家族とお弁当を一緒に食べたり、交流があるのがほとんどなんですが、辻さんは他のママたちとは一線を画す雰囲気で…。なんだか違和感がありました」(ある保護者)

 結局、運動会が閉会する午後3時まで、辻がママ友と会話を弾ませる場面は見られなかった。

「最近外でバッタリ会っても、辻さんほとんど挨拶もしないんですよね…」

 と話すのは長女と同級生の母親。昨年の運動会以来、辻には気を使っているという。

「去年、辻さんのファンだという保護者が握手を求めたんですけど、彼女は『プライベートですから』ってにべにもなく断って。気持ちはわかりますけど、辻さんは控えめに目立たないようにというどころか、ものすごく目立つ格好をしていたから…。ご主人のほうは普通に握手とかに応じていたんですけど、辻さんはそれを見て、『やめなよ』と言ってやめさせていましたしね」(前出・同級生の母親)

 さらに最近の授業参観でもこんな出来事があったという。

「辻さんは教室に入っても派手なサングラスをかけたままだったんですよ。室内で、しかも教室なのに…。話しかけられたくないというサインとしか思えないし、常識的にも「?マーク」だし。ママ友たちも距離を置くしかないんだと思います」(別の母親)

 昨年10月には子供の泣き声が原因で近所の人に保健所に通報され“児童虐待疑惑”まで報じられた辻。

「辻ちゃんは出演した情報番組で、ネットに悪口を書いたり、通報したりする人には心当たりがあると言っていました。けっこう身近にいて、誰が言っているかもわかるとも。真偽はわからないけど、近隣住人や学校のママ友に対して不信感があるのかもしれません」(テレビ局関係者)

 辻に何が起きているのか心配――と思いきや、辻は運動会を終えた直後のブログで『賑やか』と題し、運動会を終えてママ友や子供たちでワイワイと打ち上げをした様子を綴っていた。《大人8人、子ども7人 賑やかすぎます♪》。よかった!

※女性セブン2015年6月18日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP