芸能

元ホスト城咲仁 いつの間にか料理キャラに変更した事情語る

元ホストで今は料理キャラ!?の城咲仁

 年間1億円以上を稼ぎ出し、はるばる海外から来る客もいたという元カリスマホスト・城咲仁(37才)。その後、タレントに転身し、バラエティーでモテテクニックなどを伝授していたが、現在の肩書きはフードアドバイザー! いつの間に料理キャラに!? シリーズ企画「転機」の今回は、キャラ変更の経緯について本人に語ってもらった。

――ホストのイメージから一転、料理番組でもご活躍されていますね。

城咲:本質は変わっていないんですけどね。元々ずっと自炊していたし、飲食店を出したかった人間なので。高校1年の時に、イタリアンの調理場でバイトをしたんです。店側が無理だというのを頼み込んで。3年間働いて、料理の基本テクニックはそこでマスターしました。

――薬膳インストラクターと雑穀マイスターの資格を取ったのはいつ?

城咲:先日、ジュニアスーパーフードの資格も増えましたよ(笑い)。薬膳インストラクターと雑穀マイスターは1年半くらい前で、ほぼ同時に取りました。半年くらいかかったかな。集中して1日中勉強することもありましたね。

――資格よりも、フードアドバイザーという肩書がついたのが先でしたよね。

城咲: テレビショッピングの仕事で、8年近く、料理しながら食品など販売したりしているんですけど。いつのまにかフードアドバイザーという肩書きで呼ばれるようになっていたんですね。ぼくが担当すると、販売数が全然違うみたいで。

――フード界でも伝説を作られた?

城咲:そうですね(笑い)。例えば、煮込んで具の溶けたサラサラのレトルトカレーが販売されていたのですが、ほとんど売れてなかったんです。ぼくは、具が入っていないのを強みにしようって。発想の転換で、カレーソースとして売ったらどうかと。料理の技術を持っていたから、そういうことが言えたんですね。

 じゃあこれで簡単に、焼きカレーをフライパンひとつで作るのはどうかと考えた。しかも皿を汚さず、2分くらいで。1分弱中火で加熱して、卵とチーズを入れて40秒ほどで、いい感じの焼き加減になっておこげがつく。そんな提案をしながら販売したところ、バカ売れしたんです。

――商品をただ売るだけじゃなく、それに合ったレシピを紹介したんですね。

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
もし在庫があったとしてすぐに設置できるとも限らない
猛暑予想でもエアコンは深刻な品薄 「1~2か月待ち」で夏に間に合わない可能性も
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト