• TOP
  • 芸能
  • 永作博美 毎日痩せていくがん患者の役づくりが大変だった

芸能

2015.06.07 07:00  女性セブン

永作博美 毎日痩せていくがん患者の役づくりが大変だった

がん患者の役づくりが大変だったと語る永作博美

 17年もの友人関係を経て、突然結婚を思い立ったふたり。入籍後、すぐに妻の妊娠が発覚し、どこにでもあるような幸せな新婚生活をおくるはずが、妻に悪性の腫瘍があることが発覚して…。これが現在公開中の映画『夫婦フーフー日記』だ。

 出産、育児、闘病、別れ。ふたりで喜び、ふたりで悲しみ、必死になってフーフー生きた夫婦を、10年ぶり2度めの夫婦役共演となる佐々木蔵之介(47才)と永作博美(44才)が演じた。二人が同作について語り合う。

佐々木:映画の中での夫婦関係は現場で自然にできていったものでした。事前のリハーサルがほとんどなくて、それが逆によかったんです。

永作:「よーいドン」で始まったテンポがそのまま夫婦の形になっているんですよね。ちょっとちぐはぐしているところも人間味があるというか、ぴったり合ってないところが愛嬌があって、実際の夫婦の初々しさが出せたかなと思います。

佐々木:役作りでいえば、永作さんは本当に大変だったと思いますよ。何しろがん患者の役ですから毎日やせていく。食事制限が必要な中でハンバーガーを一挙に5個も6個も食べなければいけないシーンもある。肉体的にも精神的にもつらかったと思うんですが、弱音を一切吐かない。 ぼくなんか、言った記憶もないんですが、結構グチっていたみたいです。それも、「前の現場がしんどかった」みたいなことまで(笑い)。永作さんはそれさえも全部聞いてくださった上に、現場もまとめてくださったんですから、本当に立派なヨメです(笑い)。

永作:言葉にしなくても全身の毛穴からしんどいという気持ちが出ていましたよ。「話を聞いてくれ」って私には幻聴のように聞こえてました(笑い)。

 事前の役作りの時間がなくても、自然と夫婦になりきれたという息ぴったりなふたり。作中夫婦が直面する問題も、ふたりは本当の夫、妻のように乗り越えた。

永作:闘病シーンはしんどいしつらいんですが、今回の作品はそこをメーンに描きたいわけではなく、「生きることは素晴らしい」ということが大きかったんです。だから、絶対に気持ちが落ちてはいけないなと思っていました。

 つらいな苦しいなと思っていると、どうしても気持ちは落ちる。でも反対に、テンションを上げることで、逆に病気が軽く見えてしまっても困りますから、そのあたりのバランスが難しかったです。

佐々木:ぼくは赤ちゃんがうまくなついてくれるかが心配だったな。生まれて間もない赤ちゃんを育てながら生きていかなければならない役だからね。赤ちゃんを抱くこと自体の抵抗はあまりなかったんだけど…。

※女性セブン2015年6月18日号

関連記事

トピックス