• TOP
  • 国際情報
  • SNS発で話題のおっぱいコーラチャレンジ 創始者が意図語る

国際情報

2015.06.15 11:00  週刊ポスト

SNS発で話題のおっぱいコーラチャレンジ 創始者が意図語る

 スタイル抜群の若い女性たちがトップレス姿で胸の谷間にコーラを挟んで上下に、左右に揺らす。男たちも胸を躍らせるそんな自撮り動画が5月下旬からネットに溢れ始めた。

 日本では「おっぱいコーラチャレンジ」と呼ばれ、フェイスブックやツイッターなどのSNSで見かけるようになったこの流行。乳がん撲滅に向けた啓発運動にも見えるが、詳細は分からない。

 フェイスブックの古い投稿を辿っていくと、その“創始者”は、アメリカ人モデルのジェマ・ジャクスさんであることが判明した。自身も推定Eカップの胸にビンのコーラを挟む動画を公開している。ズバリ聞いた。なぜコーラを胸に挟んだのですか?

「コーラが好きだからよ。友達が冗談で『コーラ好きなら、おっぱいで挟んでみてよ』といってきたから、ふざけてやってみたの。それを自分のフェイスブックにアップしたら、瞬く間に広がった。最初は乳がん啓発の意図はなかったの」

 ところがそれを真似た動画が数多くアップされると、投稿者から乳がん啓発運動にしようという声が出てきた。ジェマさんはそれに同意し、自身も乳がん啓発を訴えるようになった。

 同様のチャレンジといえば「アイス・バケツ・チャレンジ」が記憶に新しい。昨年夏ごろ流行した同チャレンジは、指名された人が難病のALS(※)患者を支援する協会に100ドル寄付するか氷水をかぶる、もしくはその両方をするかを選んだ上で次の挑戦者3人を指名できる、というルール。日本でもソフトバンク社長の孫正義氏やノーベル賞を受賞した山中伸弥・京都大学教授などが参加したことで話題になった。

【※ALS:筋萎縮性側索硬化症。筋肉を動かしにくくなったりやせ細ったりする。難病指定されている】

関連記事

トピックス