• TOP
  • 芸能
  • 女子アナに執着しない若手多い時代 ミタパンが局辞めるとの噂

芸能

2015.06.25 07:00  週刊ポスト

女子アナに執着しない若手多い時代 ミタパンが局辞めるとの噂

 フジテレビの昼の情報番組『直撃LIVEグッディ!』(月~金・午後1時55分~)は超低空飛行の視聴率にあえいでいるが、サポート役として『めざましテレビ』から移籍したミタパンこと三田友梨佳アナ(28)に元気がないと番組関係者が憂いている。社内では常に表情が暗く、唯一明るい表情を見せるのが古巣『めざまし』のスタッフと遭遇した時だという。

 また、交際中の西武ライオンズ・金子侑司が友人男性と若い女性と2人で遊んでいた様子も報じられたり、兄が不倫騒動で訴訟を起こされたとの報道もあった。公私ともにつらい状況にあるというのだ。

 ミタパンにとっては『グッディ』の居心地はイマイチなのかもしれないが、番組スタッフからの評判は総じて高い。

「彼女はスタッフの間でも評判がすごくいい。高級料亭のお嬢様なのに気取ったところがないし、育ちがいいから性格も素直。

 実家が料亭なのでジャンクフードをあまり食べさせてもらえなかったらしく、アナウンス部にあるジャンクなお菓子が好きでいつも何か食べているそうです(笑い)。いわゆる“愛されキャラ”で、男女分け隔てなく先輩から可愛がられている。安藤キャスターとの仲も良好ですよ」(番組スタッフ)

『グッディ』MCの安藤優子(56)は三田アナについて「真面目に頑張っている」と周囲に話している。新しい職場で奮闘する三田アナのことを何かと気にかけているようだ。しかし安藤自身、人の心配をしていられる状況ではない。

「視聴率1%台では、“降板説”が囁かれるのも仕方がない。安藤さんの夫・堤康一氏は、この6月に情報制作局の局長からフジの子会社である制作会社の社長に出向になった。安藤さんとしては大きな後ろ楯を失ってしまったわけで、高額ギャラで知られる彼女にとっては現在の低視聴率がリストラの格好の材料になる可能性がある」(フジ報道局スタッフ)

 貧すれば鈍すで、ついには「ミタパンが局を辞めてしまう」(バラエティ制作スタッフ)という不穏な噂も流れている。

「テレビ朝日のアイドルアナだった前田有紀アナ(34)が2年前にスパッと局を辞めて、ロンドン留学を経て花屋に転身した。7月には一般男性と結婚するとも報じられている。

 最近は女子アナというステータスに執着しない若手が多いんです。彼女は実家が裕福だし、恋人はプロ野球選手。局の女子アナであり続けることに固執する理由はあまりない。苦戦が続くなかで、フリー転身なんてことになったら局としてダメージが大きい」(同前)

※週刊ポスト2015年7月3日号

関連記事

トピックス