前田有紀一覧

【前田有紀】に関するニュースを集めたページです。

評価がグングン上昇中の宇賀なつみ(公式HPより)
宇賀アナ 主婦ウケよく『モーニングショー』好調にも貢献 
 昨年9月にスタートした『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)が好調だ。前身の『モーニングバード』時代は、視聴率で『とくダネ!』(フジテレビ系)と『スッキリ!!』(日本テレビ系)に大きく水を開けられていたが、最近は『スッキリ!!』を上回ることもある。この逆転劇を生んだ理由の一つとして、番組アシスタントを務める宇賀なつみアナ(29)のおかげだという声は少なくない。ネット上でも「宇賀ちゃんかわいい」と評判は上々で、前身の『モーニングバード』から司会を務める羽鳥慎一アナ(44)にとって、まさに幸運の女神だ。 女子アナウォッチャーの上杉純也さんによれば、宇賀アナには、朝の情報番組の主要視聴者である主婦層ウケのよさがあるという。「品が良くて笑顔がさわやか。清潔感があってしっかり者。まさに”うちの息子の嫁に欲しい”タイプなのが宇賀アナです。彼女は2009年の入社以来、『報道ステーション』の天気コーナーやスポーツコーナーを担当してきましたが、夜は男性の視聴者が多いので主婦層の認知度はそれほど高くありませんでした。 ところが2014年に朝の番組に移ってきてからは、主婦層の信頼をしっかり勝ち取っています。最近はあえてたどたどしい原稿読みを売りにする女子アナも増えていますが、宇賀さんはしっかりと読んでいる。そんなところも主婦層からは好感を持たれやすいのです」(上杉さん・以下「」内同) 2014年3月に、『報ステ』から早朝時間帯の『グッド!モーニング』へ。夜から朝へのコンバートが成功し、清楚なイメージが視聴者に幅広く浸透することとなった。 テレ朝では竹内由恵アナ(30)の人気も根強いが、もはやエースは宇賀アナだという声も少なくない。「女子アナというのは、男性に媚びるタイプは男性受けがよく、媚びないタイプは女性受けがよくなります。宇賀アナは完全に後者のタイプです。羽鳥アナの隣で、出しゃばりすぎず、自分の意見もしっかり言う。今のテレ朝の女子アナは、男性に人気の竹内アナ、女性に人気の宇賀アナとすみ分けができているので、どちらがエースというのはありませんが、宇賀アナは今後もこの路線を進んでいけばいいのではないかと思います。『モーニングショー』水曜日の『継ぐ女神』というコーナーでは、伝統や文化を受け継ぐ女性たちにしっかりとした取材をしています。ファンでない人が見ても“この人はしっかりとやっているな”と思うでしょう」 今後の課題はあるだろうか?「しいて言うなら、もうちょっとキャラを出してもいいのかな、と思います。最近はアイドルも女子アナもキャラ付けが大事で、日テレの水卜麻美アナ(28)も大食いで人気に火がついた。深夜に放送されていた『初めて○○やってみた』でお笑い芸人とうまく絡んでいたように、素の部分をみせてもいいと思います。『モーニングショー』では見せない一面をバラエティー番組などで見せると、優等生キャラとのギャップがあって視聴者に喜ばれると思います。たとえば『Qさま!!』に呼ばれて、”優勝しちゃっていいのかな”とか思わず、本気で優勝を狙ってもいいと思いますよ」  高嶺の花より身近に咲く花。もうワンランク上の人気者になるには、宇賀アナがどんなキャラを見せていくかが鍵になりそうだ。 テレ朝の“あるジンクス”も、宇賀アナのブレイクを後押しする。「テレ朝では、“ちゃん付け”のアナウンサーが人気者になるんです。徳ちゃん(徳永有美アナ)、前田ちゃん(前田有紀アナ)、大木ちゃん(大木優紀アナ)、堂ちゃん(堂真理子アナ)。“宇賀ちゃん”もそのブレイクのラインに乗りつつあるといえます」「好きな女子アナ」の上位にランクインする日も近そうだ。
2016.03.01 07:00
NEWSポストセブン
求人誌で発見 元テレ朝・前田有紀が働く生花店は勝地涼の実家
求人誌で発見 元テレ朝・前田有紀が働く生花店は勝地涼の実家
 6月下旬のある週末の昼下がり、都内の大通り沿いで営業する一軒の花屋で、熱心に薔薇をいける一際目を引く美女がいた。「いらっしゃいませ~。少々お待ちくださいね」 来客の度に笑顔で出迎えるこの女性は、元テレビ朝日アナウンサーの前田有紀(34才)だった。 先日、『フライデー』に報じられた前田の花屋転職。2年前にテレ朝を退職した彼女は、以後、花の勉強に勤しみ、昨年2月から同店で働き出したのだという。7月には一般人男性との結婚も控えているという彼女だが、この転職劇には驚きの新事実があった。「彼女が就職したこの花屋、実は俳優の勝地涼さん(28才)の実家なんです。彼のお母さんが店主として切り盛りしていて、今も勝地さんのファンがしょっちゅう訪れる知る人ぞ知る店なんです」(近隣住人) 前田が働き出したのは、勝地がNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の“前髪クネ男”役で大ブレークした後。もしかして、前田も勝地目当てでこの店を選んだ!?「前田さんはどうしても花屋で働きたくて、片っ端から求人誌を読みあさり、条件の合う花屋を探していたそうです。この店を見つけたのも偶然で、普通に履歴書を送って、面接を受けて採用されたといいます。彼女自身、採用されてからこの店が勝地さんの実家だと知って仰天したそうです。母親から前田さんの就職を聞かされた勝地さんもまた、相当ビックリしていたみたいですけどね(笑い)」(前田の知人) ※女性セブン2015年7月9・16日号
2015.06.25 07:00
女性セブン
女子アナに執着しない若手多い時代 ミタパンが局辞めるとの噂
女子アナに執着しない若手多い時代 ミタパンが局辞めるとの噂
 フジテレビの昼の情報番組『直撃LIVEグッディ!』(月~金・午後1時55分~)は超低空飛行の視聴率にあえいでいるが、サポート役として『めざましテレビ』から移籍したミタパンこと三田友梨佳アナ(28)に元気がないと番組関係者が憂いている。社内では常に表情が暗く、唯一明るい表情を見せるのが古巣『めざまし』のスタッフと遭遇した時だという。 また、交際中の西武ライオンズ・金子侑司が友人男性と若い女性と2人で遊んでいた様子も報じられたり、兄が不倫騒動で訴訟を起こされたとの報道もあった。公私ともにつらい状況にあるというのだ。 ミタパンにとっては『グッディ』の居心地はイマイチなのかもしれないが、番組スタッフからの評判は総じて高い。「彼女はスタッフの間でも評判がすごくいい。高級料亭のお嬢様なのに気取ったところがないし、育ちがいいから性格も素直。 実家が料亭なのでジャンクフードをあまり食べさせてもらえなかったらしく、アナウンス部にあるジャンクなお菓子が好きでいつも何か食べているそうです(笑い)。いわゆる“愛されキャラ”で、男女分け隔てなく先輩から可愛がられている。安藤キャスターとの仲も良好ですよ」(番組スタッフ)『グッディ』MCの安藤優子(56)は三田アナについて「真面目に頑張っている」と周囲に話している。新しい職場で奮闘する三田アナのことを何かと気にかけているようだ。しかし安藤自身、人の心配をしていられる状況ではない。「視聴率1%台では、“降板説”が囁かれるのも仕方がない。安藤さんの夫・堤康一氏は、この6月に情報制作局の局長からフジの子会社である制作会社の社長に出向になった。安藤さんとしては大きな後ろ楯を失ってしまったわけで、高額ギャラで知られる彼女にとっては現在の低視聴率がリストラの格好の材料になる可能性がある」(フジ報道局スタッフ) 貧すれば鈍すで、ついには「ミタパンが局を辞めてしまう」(バラエティ制作スタッフ)という不穏な噂も流れている。「テレビ朝日のアイドルアナだった前田有紀アナ(34)が2年前にスパッと局を辞めて、ロンドン留学を経て花屋に転身した。7月には一般男性と結婚するとも報じられている。 最近は女子アナというステータスに執着しない若手が多いんです。彼女は実家が裕福だし、恋人はプロ野球選手。局の女子アナであり続けることに固執する理由はあまりない。苦戦が続くなかで、フリー転身なんてことになったら局としてダメージが大きい」(同前)※週刊ポスト2015年7月3日号
2015.06.25 07:00
週刊ポスト
前田有紀アナ 上司の「辞めたきゃ辞めろ」発言で退社決意
前田有紀アナ 上司の「辞めたきゃ辞めろ」発言で退社決意
 3月いっぱいをもって、惜しまれつつテレビ朝日を退社した前田有紀アナ(32)。理由は「留学のため」とされているが、看板アナの突然の退社を訝しむ声も多かった。 「昨年まで前田アナが留学したいといっているなんて話は全く出ていませんでした。どうやら彼女の退社の理由のひとつは、上司との軋轢だったようなんです」  そう話すのは、あるテレビ朝日の社員である。同社員が続ける。 「実は、仕事への不満を漏らした際、アナウンス部の上司のある人物に、“辞めたきゃ辞めろ”というような趣旨のことをいわれ、それが退社を決意する決め手になったらしい。もともと芸能人たちからも評判が高い前田アナは、たとえフリーになっても活躍できる実力がある。“そこまでして社員にこだわる必要はない”と、思い切ったらしい。そうとう慰留されたようだが、決意は固かった。前田アナの留学先がロンドン説と、アメリカ説に分かれていたのも、“まず留学ありき”という話ではなかったかららしい」  この話はアナウンス部内から、徐々に会社全体に広まりつつある。 「上司の肩を持つ人は社内でもほとんどいませんね。前田アナを惜しむ声は多く、“あんないい子をみすみす辞めさせるなんて”という声がほとんど。早河洋社長自らが、定例会見で“もったいない”と語ったくらいですからね。もしかすると上司の責任問題に発展するかもしれない」  とはいえ、『やべっちFC』の後任となった竹内由恵アナ(27)も、評判は上々。“次のエース”が育っていることからも、昨年度の平均視聴率がゴールデンタイムとプライムタイムで首位を獲得したと発表したテレ朝の調子の良さが窺える。※週刊ポスト2013年5月3・10日号
2013.04.25 07:00
週刊ポスト
TBS田中みな実アナ 給与水準の低さがフリー転身の背中押す
TBS田中みな実アナ 給与水準の低さがフリー転身の背中押す
 近年の安上がりな番組作りには欠かせない女子アナたち。だが「ギャラのいらないタレント」として酷使されることからも、フリーへの転身が相次いでいる。人材豊富と言われたフジテレビでも、高島彩(33)や中野美奈子(32)、平井理央(29)らの退社が続き、嘆きが絶えないようだ。 こういった悩みは各局共通で、青木裕子アナ(29)や竹内香苗アナ(34)といった主力の退社が続くTBSも社内の危機感は強い。「青木もそうだったが、うちの人気アナは基本的にキャラが強すぎる。『サンデー・ジャポン』できわどい発言を繰り返す田中みな実(25)はその典型。仕事熱心でプロ意識のある子だが、好き嫌いが分かれるので局アナとしては長続きしない。彼女は給与体系変更以降の入社ですから、先輩たちより給与水準が低いこともフリー転身の背中を押すでしょう」(TBS関係者) こうした中で少し事情が違うのは、今年度の第1四半期で開局以来初の「視聴率四冠」を獲得したテレビ朝日だ。「会社の体質なのか、退社してフリーを志向する人が少ない。前田有紀(31)、竹内由恵(26)などバラエティーで活躍する女子アナの人気も定着してきましたし、『報道ステーション』から『スーパーJチャンネル』に移った市川寛子(32)も、結婚後に退社の話はありません。 もちろん、好業績で他社に比べて待遇面で恵まれているというところがありますから、調子が悪くなればどうなるかわかりませんが……」(テレビ朝日社員)※SAPIO2012年12月号
2012.11.23 16:00
SAPIO
男性大衆に接近する田中みな実 掟破りの生存能力と女性作家
男性大衆に接近する田中みな実 掟破りの生存能力と女性作家
 華やかな一方で、旬は短く、極めて競争が激しいのが女子アナの世界。作家で五感生活研究所の山下柚実氏が、「看板アナ」を分析する。 * * * オリラジの藤森慎吾とお泊まり愛を報じられ、話題集中のTBSアナウンサー、田中みな実さん。なにかにつけて、「でもぅー、みんなのみな実だからぁ」と甘えた声を発する。恋愛話も霞んでしまうほど、そのブリッ子キャラが際立っている不思議な人です。 これまでにもたくさんの女子アナが、かわいらしさをウリにしてきました。けれど、ちょっとからかわれたりいじられたりすると、すぐに素に戻り、アナウンサーの立ち位置に逃げ込むのが常でした。しかし田中さんは違う。 どんなにからかわれ、いじめられ、いじられても、まるで意図したかのようにキャラを離さない。最後まで、ブリッ子を貫徹する。 その力の入れようは、もはや「媚び」ではありません。「だってぇ、みな実はみ~んなのみな実だからぁ」と、甘えた声で「男性大衆に接近」する高等戦術によって、ファンを作り、自分自身を差別化し、際立たせて生き延びさせる。いわば、「掟破り」の局アナであり、女子アナの新しいサバイバルの姿ではないでしょうか。 女子アナブームが去った昨今、単にアナウンサーとして原稿を読んだり司会をしても、ちやほやされる時間は短い。何か人と違った際立った個性がなければ、すぐに使い捨てにされ、忘れられてしまう時代です。だからこそ、女子アナは何かに急接近することで、その人たちに親近感を抱いてもらい、同時に自分自身の際立った個性を作ろうとしているのです。「接近」する対象もさまざま。田中さんは甘い声で「男性」に接近していますが、NHKの有働由美子さんはもっと巧妙に「お茶の間」に忍び込んでいます。NHK朝ドラに続いて始まる「あさイチ」の司会・有働さん。その日のドラマの内容についてベタな感想を率直に述べるのをウリにしています。そのスタイル、「私はみなさんと同じ目線で朝ドラ見てます」という、いわば「お茶の間に接近」するブリッ子術です。 同じNHKでも、「鶴瓶の家族に乾杯」などで司会進行をつとめる小野文恵アナは、またひと味違う接近術。木訥とした語り口、実に普通な髪型にファッション、素顔に近い薄化粧。垢抜けない隣のおねーちゃん風を、立派に維持しています。小野さんのスタイルは、都会派にならず「田舎に接近」する術と言えます。その雰囲気づくりによって、大勢の視聴者に親近感を抱いてもらうのです。 一方、テレビ朝日といえば、前田有紀アナのサッカー選手の似顔絵コーナーが話題。実はプロが描いているのではないか、と疑惑が出るほど。前田さんの場合、似顔絵によってJリーガーに「接近」。それを入口にして独特な持ち味と個性を出すことに成功しています。 テレビ東京の大江麻理子アナはフェリス女学院出身、正当派美人路線を行くかと思いきや、司会の「アド街ック天国」で毎回発する奇妙なダジャレが型となっています。バラエティ番組「モヤモヤさまぁ~ず2」でも、常に天然ボケぶりを発揮し続けて愛されています。大江さんの場合は、「おとぼけに接近」というスタイルでしょう。 女子アナが、アナウンスの技術よりもむしろ、タレントのように個性や演技力を伸ばし、自己研鑽しなければならない時代に入ったということでしょうか。
2012.11.06 07:00
NEWSポストセブン
TBS 青木裕子・田中みな実の影響あり採用試験にKY学生増加
TBS 青木裕子・田中みな実の影響あり採用試験にKY学生増加
 フジテレビでは秋元優里アナの番組降板、日本テレビでは石田エレーヌアナの妊娠説、テレビ朝日では前田有紀・竹内由恵とスポーツ系の人気アナを中心に話題が尽きない女子アナ業界。 そんな中、キー局の中で最も話題に乏しいのがTBSだ。 青木裕子アナ(29)、田中みな実アナ(25)、枡田絵理奈アナ(26)など粒ぞろいなのだが、局の不振も相まって、なかなか派手な話題が出てこない。 そのうえこんな悩みも。「青木アナや田中アナが『サンジャポ』でイジられまくってるせいか、採用試験に勘違いキャラで挑んでくるKY学生が以前より増えている。 田中アナに輪を掛けたブリッコキャラとか、男性経験をひけらかすビッチキャラとか……。いい人材を集めなきゃ復活はないのに、先が思いやられる」(今年度の採用に関わった社員)※週刊ポスト2012年10月5日号
2012.09.29 07:00
週刊ポスト
実力派女子アナ揃いのテレ朝で「ヤバイ!」存在の赤江珠緒
実力派女子アナ揃いのテレ朝で「ヤバイ!」存在の赤江珠緒
 今年4~6月の視聴率で開局史上初の3冠に輝いたテレビ朝日。視聴率の急上昇とともにフジから「女子アナ王国」の座を奪う勢いとなっている。 前田有紀アナ(31)、竹内由恵アナ(26)などスポーツ系に強い女子アナが育ってきている。「『やべっちFC』での前田アナと、ナイナイの矢部さんの掛け合いは絶妙で、“やべっちはTBSの青木裕子アナ(29)より前田と付き合ったほうがいい”と周囲からいわれるほど。 竹内アナも乗りに乗っている。ボクシング金メダルの村田諒太に五輪開幕前から目を着けていた取材力に加え、タモリ、とんねるずと重鎮に可愛がられるオヤジキラーぶりはさすが」(テレ朝スポーツ番組系スタッフ) 硬派モノでも、『報道ステーション』のサブキャスター、小川彩佳アナ(27)や、『サンデー!スクランブル』で復活した下平さやか(39)をはじめバランスよく人材が揃っている。「フジや日テレと違って、なぜかフリーに転身しようという野心家がいないのも助かっている(笑い)」(別のテレ朝社員)という。 そこで「ヤバイ!」という話になっているのが、フリーで羽鳥アナとともに『モーニングバード!』を担当する赤江珠緒(37)だ。「経費削減のなか、MCが男女ともフリーというのはいかがなものかとの声が上がっている。ただ赤江さん本人はTBSラジオの『たまむすび』の仕事が楽しくてたまらないようで、小島慶子(40)のようにラジオでブレイクを狙ったほうがいいかも」(前出・テレ朝社員)※週刊ポスト2012年10月5日号
2012.09.27 07:00
週刊ポスト
ミス慶応 女子アナ 候補
未来の女子アナを探せ! ミス慶應の投票をGoogle+で実施
 男女雇用機会均等法やジェンダーなど、女性に対する意識の高まりとともに何度も危機に瀕してきた大学のミスコンだが、今でも大学学園祭の華であることには変わりない。とりわけ、中野美奈子(フジテレビ)、鈴江奈々(日本テレビ)、青木裕子(TBS)、竹内由恵(テレビ朝日)など、数々の美人女子アナを輩出してきた「ミス慶應コンテスト」は、全国の大学のミスコンでもトップクラスの注目を集める女子アナの登竜門だ。 そんなミスコンでは昨今、SNSやブログ、Twitterなどを活用して、候補者が情報を発信するのが当たり前。今回のミス慶應コンテストには、「Google+」が導入され、彼女たちに票を投じることができるようになっている。 今年6月末に招待制で公開されたGoogle+は9月20日に一般公開され、誰でも利用できるようになったばかり。彼女たちに投票するにはGoogle+への登録が必要だが、既にGmailのアカウントなどを持っていれば簡単にログインできるし、もしGoogleのアカウントを持っていなければ簡単に作成できる。 こうして手軽に投票できるようになったことで、これまで以上に身近になったミス慶應コンテスト。「天は二物を……」とはよく言ったものだが、文字通りの才色兼備を地で行く彼女たちは、どんな女子アナになれるのか? 彼女たちが女子アナ志望かどうかはさておき、当サイトでは女子アナ評論家の高島恒雄氏に依頼。勝手に彼女たちを“女子アナ視点”で評価してもらった。 まずは、エントリーナンバー1番の浅見明日香さん。ブログの更新回数は、候補者のなかで彼女が一番多い。「自己アピールで、『趣味はボディーメイキングすることで、パーソナルトレーナーの資格取得を目指している。あと瞑想をしている』と話していますが、スポーツ好きでややスピリチュアル寄りなところは、テレ朝の前田有紀アナに少し似ているかなと思います。とりあえず、民放でいうと、テレ朝にこういうタイプのおっとりして、女の子らしい女子アナが多い」 続いて、エントリーナンバー2番の蜂谷由梨奈さん。今回のエントリーではただ1人の1年生だ。「鼻濁音がしっかりできているし、アナウンサーっぽい話し方をしている。将来の夢はまだまだ考え中ということですが、もしもアナウンサーになったら報道向きのような気がします。フジで言うと、ソフトバンク・内川聖一と結婚した長野翼と同じ感じでしょうか」 エントリーナンバー3番の池谷有紗さん。文学部で英米文学を専攻している。「日テレの鈴江奈々アナと同じくダンスサークル『Jade』所属。どうしても比較対象になってしまうと思います。おっとりしたしゃべり方で、落ち着いた雰囲気。最近の日テレの若手に多いタイプなので、日テレにもし入社すれば、看板アナ候補として活躍できるのではないでしょうか」 エントリーナンバー4番の井上愛美さん。こちらは1990年生まれの4年生だ。「お嬢様然としたルックスで、オトコを惑わすタイプ。自然とそうした雰囲気が身についているから、TBSの田中みな実アナのようなタイプだと思います。ハキハキとしてしっかりしているし、話しぶりから、将来のビジョンを持っていてそこに向かってどう自分が進めばいいかわかっているような気がします。最近のアナウンサーには向上心とタレント性が必要になってくるのですが、彼女にはそれが備わっていると思う」 エントリーナンバー5番の武田奈々さん。就職活動を控える文学部の3年生だ。「ルックスはTBSの岡村仁美アナに似ていて、話し方はフジの平井理央アナに似ているんじゃないでしょうか。岡村アナは報道キャスターとして活躍し、平井アナはスポーツとバラエティ方面で活躍しています。その両者のいいところを併せ持っているので、ユーティリティな女子アナになりそうです」 最後はエントリーナンバー6番の立松春紀さん。商学部で学んでいる。「たどたどしい天然ボケキャラっぽいしゃべり方。テレ朝の前田有紀アナや、テレ東の相内優香アナを彷彿とさせます。完全にバラエティ番組向きで、芸人にイジられることで能力を発揮するタイプ。明るい性格なので、アナウンサー向きだと思います」 重ねて言っておくが、今回の候補者が女子アナ志望とは限らない。しかし、錚々たる人気女子アナの先輩たちに続く可能性は高い……というわけで、ミスへの1票が、未来の人気女子アナへの投票になったら、数年後“先物買い”ぶりを自慢できるかも!?
2011.11.17 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン