• TOP
  • 国際情報
  • 習近平氏 難しい局面では母に電話する等マザコンぶりが有名

国際情報

2015.07.10 16:00  NEWSポストセブン

習近平氏 難しい局面では母に電話する等マザコンぶりが有名

 安倍晋三首相との首脳会談では、無愛想な表情が印象的だった習近平・中国国家主席。普段も強面のイメージが強いが、中国では意外にも「マザコン」で有名だという。最新刊『習近平の「反日」作戦』(小学館刊)を上梓したばかりのジャーナリスト・相馬勝氏が解説する。(文中敬称略)

 * * *
 北京の口コミでは、習近平のマザコンぶりは有名だ。仕事上でも、プライベートでも何か難しいことがあると、母親に電話をして相談するというのだ。これを裏付けるようなエピソードが、2001年1月に重慶テレビで放送された「記憶」という番組のなかで紹介されている。

 習近平が福建省長として多忙を極め、春節でも深センの実家に帰ることができないため、(母の)斉心が電話で「仕事をしっかりやることが最大の親孝行。仕事を全うすることは家庭や自身に責任を持つことと一致する」と前置きしたうえで、「何千回も言っているが、決して油断せず、間違いを犯してはならない。それは私の抗日戦争当時の経験からも裏付けられる。さらに、重責を担っても、健康と安全第一だよ。物事は楽観的に考えた方が良いよ」

 などと述べて、母親としての思いを伝えているのだ。

 なお、斉心は習近平ら2男2女をもうけ、子育てに専念し、習近平の父・習仲勲の死去(2002年)までずっと連れ添った。いまも深センで存命だ。

※相馬勝・著『習近平の「反日」作戦』より

関連記事

トピックス