• TOP
  • 国内
  • ベテラン議員が山本太郎や谷亮子ら若手周辺席に いじめ説も

国内

2015.08.03 07:00  週刊ポスト

ベテラン議員が山本太郎や谷亮子ら若手周辺席に いじめ説も

「会派を離れたら当然座席は変わるので、特に何も思っていません。むしろ前より見晴らしがいいからいいですよ。最後列なら昼寝は出来るんでしょうけども(笑い)。自分自身が言うべきことをちゃんと言ってきたなかで起こったことなので、それが『いじめ』だという認識はないです。もちろん、軋轢の中で溝手さんは快くは思わなかったでしょうけどね」

 両者がこじれた最大のきっかけは、昨年の内閣改造に遡る。脇氏を選挙制度改革の担当から外すため、溝手氏は脇氏を内閣に「入閣」させるというアメ玉をちらつかせた。だが、脇氏がこれを拒んだため、溝手氏の怒りを買ったという。

「体よく辞めてもらうために、ポストをあげて出世した形にさせるのはよくあるやり方です。意地になったわけではなくて、自分としての主張を通したまでのことです。私が『大臣にはなりません』と答えたものだったから、向こうの思惑は狂ったと思いますけど。

 実は私の後継の公認候補はすでに決まっていて、私の議員生活はあと1年です。だからいいたいことがいえた面もあるかもしれません。次に選挙がある人たちには、いいづらい面があるのかもしれませんが……」(同氏)

※週刊ポスト2015年8月14日号

関連記事

トピックス