国際情報

櫻井よしこ氏「アジア安保会議・米議会の安倍演説は未来志向」

 戦後70年を迎える今夏、中国・韓国の対日工作は、激しさを増している。だが、中韓で「慰安婦強制連行40万人説」が生まれるなど、新たな“嘘”も生まれている。ジャーナリスト・櫻井よしこ氏と作家・井沢元彦氏が、中韓両国の欺瞞に対し、日本の採るべき道を語り合った。

井沢:私は以前から日本の情報発信力の弱さを指摘してきました。対外情報発信の専門機関などを作るのは急務です。そして中韓に対抗するために、日本の立場を国際社会に発信すべきです。

櫻井:同感です。それなのに外務省は500億円もの予算を使ってロンドンやロサンゼルスなどにアニメや和食を紹介する「ジャパン・ハウス」を作るのです。すでにアニメも日本食も世界中の人たちが歓迎しています。500億円の一部は情報発信にも使われますが、ジャパン・ハウスの発想はおかしい。

井沢:朴槿恵大統領はトップセールスで日本の悪口を世界中で言っているのだから、日本もやらなければならないことはたくさんあるはずです。

櫻井:歴史問題や日本の徴用工の文献は左翼陣営の影響下にあるものばかりで、保守陣営の論文はごくわずかです。翻訳された文書になるとさらに少なくなります。国際社会は英語で読むわけですから、中韓が喧伝するような捏造された歴史が広まってしまいます。その意味で英文での発信力を極力高めなければなりません。

井沢:いかに情報を発信するかという面では、安倍首相の戦後70年談話は注目です。

櫻井:昨年5月シンガポールでのアジア安全保障会議、そして今年4月、インドネシア・バンドンでのアジア・アフリカ会議とアメリカ議会での安倍首相の演説を聞くと一本の芯が通っています。

 前向きで未来志向、そして民主主義や自由という価値観の大切さを訴えている。何より過去を反省して未来を見つめるという意志を感じます。70年談話でもその路線は引き継がれると考えています。

井沢:私も中韓に“言葉の力”を思い知らせればいいと感じています。我々は民主的で平和な国を築いた。でもまだ世界には一党独裁により、人民が苦しんでいる国がある、こんな国が地球からなくなるように祈っている、と。

櫻井:それはいいですね。ただ、どんな談話を出しても中国や韓国は批判するでしょう。だからこそ、これからも信念を持って日本の立場を主張していかなければなりません。

※SAPIO2015年9月号

関連記事

トピックス

冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
羽生善治はいかにして復活を遂げたのか
【天才棋士・羽生善治の復活】AIの登場で下降し続けた成績 もがいて迷った1年を追う
週刊ポスト
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
女性セブン
,松本潤
平野紫耀、26歳の誕生日を韓国で迎える ソウルでの目撃情報にファン騒然
女性セブン
オーラを放ちながら店を出る松本
松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
妻の松本伊代
松本伊代、正月は自宅で過ごすも再入院 ヒロミ「笑っちゃうほど大変」介護での共倒れを心配し苦渋の決断
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン