• TOP
  • ライフ
  • 芥川賞最高部数の又吉直樹 書店員が「文学の救世主」と評価

ライフ

2015.08.12 16:01  NEWSポストセブン

芥川賞最高部数の又吉直樹 書店員が「文学の救世主」と評価

ヴィレッジヴァンガード下北沢店にある「又吉の本棚」

 又吉直樹の小説『火花』(文藝春秋刊)は、ついに200万部を突破。過去の芥川賞作品の中で最高部数を記録し、その影響力も拡大の一途だ。

 8月17日発売のDIME(小学館)誌上での連載エッセイ「又吉の幸せ製作所」特別編では、『火花』を担当した『文學界』の編集者・浅井茉莉子さんが受賞後日談を明かしている。

「『火花』を書き終えた後、藤本義一さんの『鬼の詩』という直木賞受賞作をお勧めしました。芸に執着し壮絶な人生を辿る上方落語家の話なんですが、『火花』と通じるところがあります。又吉さんも“おもしろかった”といってくれました。

 発売中の『文學界』には『芥川龍之介への手紙』という受賞エッセイを書いていただきました。鞄が重そうだと思ったら、全集を持ち歩き、芥川作品を読み直してくださったそうです」

 人知れず積み重ねてきた“努力”は一気に花開こうとしている。

『ヴィレッジヴァンガード』下北沢店には、又吉がセレクトした小説・エッセイに自ら書いた“直筆POP”が並び、「又吉の本棚」と銘打たれたコーナーがある。

 同店の長谷川朗さんがいう。

「又吉さんはいつも気軽にフラッと来店してくれます。“本棚”の効果は絶大で、なかなか読んでもらえない、都築響一さんの『ヒップホップの詩人たち』という3000円以上の本でも一文を寄せていただいたおかげで、週に数冊は動く。まさに文学の救世主です」

関連記事

トピックス