国際情報

「声の整形」韓国の歌手・アナウンサー志望者、就活生に人気

 整形大国・韓国では、声の整形が流行中だ。ただし、その目的は、美ではなく、うまく声の出ない状態を脱するための「治療」だ。ソウル市内の耳鼻咽喉科『イェソン音声センター』のキム・ヒョンテ院長は言う。

「声の整形には、もともとの声質などに応じてさまざまな治療方法があります。例えば、声帯が麻痺して、声がかすれる場合には、生体保形物質を注射で注入して声帯のボリュームを回復させます。また声帯の筋肉が痙攣して声が震える症状の場合は、その部分にボトックス注射をして症状を抑えます。どちらの場合も、皮膚にメスを入れる必要はないので、傷跡は残りません」

 韓国では、治療方法のひとつ、ボトックス注射を行う人が増えているという。

「費用は30万~40万ウォン(約3万~4万円)が相場です。時間は10分から20分と短い。注射の効果は長くは続かないので、1、2か月ごとに打ち直さないといけません」(医師で医療ジャーナリストの森田豊さん)

 変えた声を保ち続けるには、費用も手間もかかるが、この整形を望む人は後を絶たない。

「性転換を希望する男性が受けるケースが多い。低い声を高くすることで、より女性らしくなれるんです」(韓国在住の整形コーディネーター・チョウ・ウネさん)

 さらに、近年では、そうした事情とは別の理由で整形する人が増加中だ。

「歌手やアナウンサー志望者が声をきれいにするために施術します。また最近は就職活動中の若者も受けています」(森田さん)

 就職難が深刻化している韓国では、就職のための顔の整形は当たり前。面接官に好印象を与えるための、口角を上げるプチ整形、通称「微笑み整形」が一般化しつつある。内定を勝ち取るため、顔に続いて、声も整形するというわけだ。

 とはいえ、実際に整形を受けるにあたっては、声の治療や経験の少ないドクターの施術を受けない、などの注意が必要だ。

「最悪の場合、声が出なくなることもあります。病院選び、手術の危険性などをしっかり勉強する。気軽な気持ちで受けてはいけません」(森田さん)

 声の悩みを解決するための整形が新たな声の悩みを生む――などということのないように、慎重になるべきだろう。

※女性セブン2015年9月10日号

関連記事

トピックス

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで識者26人にアンケート(写真は萩生田光一氏/時事通信フォト)
【緊急アンケート】安倍晋三氏の後継者 1位・萩生田光一氏、2位・高市早苗氏
週刊ポスト
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
渋野日向子
渋野日向子「調子の波、大きすぎ?」 予選落ち連発から全英3位で、スイング改造の是非に議論再燃
NEWSポストセブン
戸田さんを『地獄の黙示録』の字幕翻訳に抜擢してコッポラ監督とは長く親交が続く(時事通信フォト)
字幕翻訳家・戸田奈津子さん 根底にある「自分のことは自分で決める」という哲学
女性セブン
日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる
ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」
週刊ポスト
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン