• TOP
  • 国内
  • 鴻池祥肇氏 懇談会で「蓮舫はいい女、福島瑞穂は気がある」

国内

2015.09.16 07:00  週刊ポスト

鴻池祥肇氏 懇談会で「蓮舫はいい女、福島瑞穂は気がある」

 参院での安保法案採決が注目を集めるなか、キーマンとされる一人が特別委員会委員長を務める自民党の重鎮、鴻池祥肇(こうのいけ・よしただ、74歳)・参院議員だ。

 9月2日夜に記者クラブの番記者たちを集めてオフレコ懇談会を開いた鴻池氏の発言の数々が「あまりに自由奔放過ぎる」と記者たちの間で話題になっている。

 鴻池氏の本領が発揮されたのはなんといっても女性評である。とにかく民主党の蓮舫議員のことがお気に入りらしく、「蓮舫あれはいい女や~」を連呼。「蓮舫さんが強行採決の際に委員長席に詰め寄ってきたらどうしますか、と記者に聞かれると、『抱きしめちゃう』とはしゃいでいました」(出席した記者)

 腰を浮かせて体を前に乗り出し、口を突き出して両腕で抱きしめるようなポーズまでしていたというから、驚くべき浮かれっぷりだ。

 もっとも、彼女だけが特別かというとそんなことはなく、社民党の福島瑞穂議員に関しても、「総理に質問しているのに、委員長の俺の目を見ている。俺のことが好きなのか?」といい放っていたというから、ストライクゾーンは広いらしい。

 ちなみに、懇談会はこのように終始、鴻池氏の放言連発で笑いに包まれていたが、一部の女性記者の表情だけは、曇り気味だったとか。

 かつて女性スキャンダルが原因で官房副長官の職を追われた過去をものともしない鴻池氏。ここまで来れば、もはや一つの芸風かもしれない。

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス