芸能

多部未華子 飼い犬を連れて破局報道あった窪田正孝とデート

多部未華子は窪田正孝と堂々デート

 9月5日に公開された映画『ピース オブ ケイク』で恋愛ベタな“ダメ女”の主人公・志乃を演じる多部未華子(26才)。そんな彼女が、9月上旬、束の間のオフに訪れたのは、東京・代官山にあるカフェだった。

 白いカーディガンに紺のハットを合わせた多部の隣には、彼女と色違いの黒いハットに黒いTシャツ姿の窪田正孝(27才)の姿があった。

「共通の友人が近く結婚するのでしょうか。ふたりは友人の男性たちと一緒に、メッセージビデオを撮っていましたね。ひとりずつ撮っては、それを確認して笑い合っていて。羨ましくなるくらい仲が良さそうでしたよ」(居合わせた客)

 2013年5月に交際が発覚するも、一時は破局が報じられたふたり。しかし、昨年4月にふたりが多部の自宅へと向かう様子を本誌は目撃していた。あれから1年5か月――。

 多部は前述の通り、映画の熱演が話題を呼んでいるが、一方の窪田は『アルジャーノンに花束を』(TBS系)をはじめ、『永遠のぼくら sea side blue』(日本テレビ系)など、今年だけでドラマ4本、映画4作に出演。13日に放送されたドラマ『デスノート』の最終回では、狂気の中、炎に包まれる主人公の夜神月を演じ、14.1%の高視聴率を記録するなど飛躍を遂げた。

 お互い多忙を極めるが、ふたりの仲はより深まっていると芸能関係者は言う。

「多部さんはトイプードルを飼っているのですが、忙しい時には窪田さんに面倒をみてもらっているんです。ワンちゃんも窪田さんにすっかり懐いているそうですよ。よくお互いの家を行き来しているみたいですしね」

 この日、多部は仕事があったのだろうか、連れていたトイプードルを窪田に預けると、「またあとでね」と言って、カフェを先に出ていった。

※女性セブン2015年10月1日号

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン