国内

認知症対策 オメガ3系オイルとココナッツオイル注目される

 油脂には種類があるが、最近、認知症対策として注目されているのが、えごま油、アマニ油を中心としたオメガ3系と呼ばれる油。

「これらの油は、現代人に不足しがちな体にいい成分が多く含まれているため、意識して摂るのがおすすめです。また過剰摂取気味のオメガ6系は、摂りすぎるとアレルギー症状を悪化させるとも。控えめにし、オメガ9系や飽和脂肪酸のオイルで代用するのもいいでしょう」(慶應義塾大学医学部教授・井上浩義さん)

【えごま油】
 認知症や生活習慣病予防が期待できるとして脳にいいと話題のオメガ3系脂肪酸。これは、体内で生成されないため、食品から摂る必要のある必須脂肪酸だ。

「オメガ3系は青魚の油に多く含まれていますが、魚摂取量が減る一方の現代人には不足しがち。それを、オメガ3系の成分を持つ油を摂ることで補うことができます。えごま油に多く含まれるαリノレン酸は、摂ると体内でDHAやEPAに変わり、1日小さじ1杯で必要な量のオメガ3系を手軽に補えるのが魅力です」(前出・井上さん)

 えごまは昔から長野や福島など山間部で多く栽培されている。これは魚の油の栄養を補う生活の知恵ともいわれている。クセがなく、どんな料理にも合わせやすいのが特徴で、焙煎や精製の度合いによって、香ばしさや独特の風味が加わる。

【アマニ油】
「アマニ油はえごま油と同じオメガ3系脂肪酸の油。主成分のαリノレン酸の働きで、血管を強くして血流をよくし、心臓疾患や高血圧の予防やアレルギー症状の緩和などが期待できます」(井上さん)

 体に必要な必須脂肪酸の一つなので、えごま油とともに常備して料理はもちろん、飲みものに混ぜて気軽に摂りたい。目安はアマニ油と同じ1日小さじ1杯。料理の味を邪魔しないあっさりした味わいや、精製を控えてほろ苦さを残したものまで、好みで選んでほしい。

【ココナッツオイル】
 ココナッツオイルは、体脂肪になりやすい飽和脂肪酸に分類される。その約60%を占める主成分、中鎖脂肪酸のおかげで、ほかの油の約5倍の速さでエネルギーとして消費される。そのため蓄積されにくく、ダイエットに最適なオイルとして話題だ。

「アルツハイマー病の改善にココナッツオイルの中鎖脂肪酸が肝臓で分解されてできるケトン体が有効との論文が発表され、予防策としても期待されています」(井上さん)

 酸化には強く、開封後でも1年は使える。

※女性セブン2015年10月8日号

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン