• TOP
  • 国内
  • 左翼は原義と異なる リベラルと称して差し支えないとの指摘

国内

2015.12.19 07:00  SAPIO

左翼は原義と異なる リベラルと称して差し支えないとの指摘

 夏に「反安倍」という掛け声のもと一致団結した「リベラル」だが、その立ち位置は異なる。著述家の古谷経衡(つねひら)氏が読み解いた。(文中敬称略)

 * * *
 ネット空間で毎日のように飛び交う呪詛の文脈に登場する「左翼」に当てはまるような人々は、もはや絶滅している。

 ソ連崩壊時、日本共産党は「両手をあげて歓迎する」と声明したが、爾来20余年が経過し現在の共産党に「資本論」を読破している党員がどれほど居るのかは疑わしい。現在、左右の属性の決定は思想や観念ではなく党人や政治的イシューに対する賛否による。

 そのような意味で現在の「左翼」とは原義の左翼ではない。もちろんこの「党人に対する賛否」とは、安倍晋三に関する評価であり、よって安倍や安倍政権に激烈な「NO」の感情を持つもの=反安倍が、現在の「左翼」の中心核を形成しているのは疑いようもない。

 左翼、左派、サヨク、或いはカギ括弧付きの、とあらゆる意味で括られる「左翼」はもはや原義とは異なる位相にあるのでこれを保守、と対置する意味で「リベラル」と称して差し支えあるまい。

 現在のリベラルは反安倍をコアとして、華夷秩序のように同心円状に広がっており、激烈な反安倍から揶揄的な反安倍まで濃淡はあれど、特に今夏の「安保法案」では、保守派による「安保法案賛成」と対置してリベラル側に明瞭な団結が観られた。

 かつて、リベラルは9条遵守、反自衛隊など冷戦下の社共に代表されるような教条的なスローガンに統一されがちであったが、冷戦後、国際情勢の激変と日本周辺の緊張に伴い、かつて「左翼」と観られた文化人や知識人の中でも、条件付きの改憲を容認したりする人々が現れ、自衛隊を違憲と断言する人物はマイノリティになっている。

関連記事

トピックス