• TOP
  • 芸能
  • しくじり先生 オファーして出演まで至る率は10人に1人以下

芸能

2015.12.19 07:00  NEWSポストセブン

しくじり先生 オファーして出演まで至る率は10人に1人以下

『しくじりアワード2015』では歴代のしくじり先生が集結

 オリエンタルラジオ、堀江貴文氏、杉村太蔵氏、辺見マリなど、様々な分野の“しくじり先生”が登場して、オリジナルの教科書を用いて授業するバラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系・毎週月曜20時~20時54分放送)が好評だ。放送からわずか半年で、深夜帯からゴールデンに進出し、ますます勢いを増している同番組の金井大介プロデューサー、北野貴章ディレクターに制作の舞台裏を聞いた。

――番組制作の経緯を教えてください。

北野:ぼくは2年前、ADをしていた頃、しくじりまくって、いろんな人に怒られていたんです。しくじった話を人にすると、ウケたりするじゃないですか。それを番組にしたら面白いんじゃないかなと、企画を出したのが一番初めでした。

 深夜にトライアルで放送することになったんですけど、しくじり先生という番組自体知られていない時代だったので、キャスティング段階ですぐ断られるんですよ。“なんだその番組は”って。だから「しくじり先生」という言葉を隠してオファーしていました。

――深夜からゴールデンに昇格して、変わった部分、逆に変えていないこだわりの部分はありますか?

北野:今年2月くらいにゴールデンにいくかもという話があって、ずっと抵抗していました。万人ウケを狙いすぎて、中だるみするような番組になるのは嫌だったんです。そこで考えたのは、それまではお笑い番組として作っていたんですけど、エンタメ番組にしようと。そうすれば笑いだけじゃなくて、先生によって感動や驚きがあってもいいし、幅が広がるのかなって。

 とはいえ尖った先生が出演しなくなると、番組のよさもなくなると思ったので、ゴールデン初回は堀江貴文さんや前園真聖さんなどに出ていただいて、攻めたつもりです。

 ゴールデンになってから感動系が増えているんですけど、それは番組がお笑い番組からエンタメに変わったからで、メジャーな人も出るけど、メジャーじゃない先生も出る。11月2日放送の、内村周子さん(体操・内村航平選手の母)とG.G.佐藤さん(元プロ野球選手)は“素人”ですから。チャレンジでした。

――先生の出演者はどのように決めていくんですか?

関連記事

トピックス