芸能

吉田栄作と平子理沙 離婚の直前に仲良く食事し別れ際も笑顔に

別れてもラブラブ?

 真冬の寒波が襲来し、都心の最低気温がマイナス1℃を記録した12月19日の夜8時。東京・目黒の自宅から吉田栄作(46才)が愛車のジープで出てきた。助手席には帽子を目深に被った女性が座っている。ふたりが向かった先は、車で5分ほどの距離にある渋谷の超高級マンション。

 車から降りた吉田と女性は、後部座席に積み込んだ家具やオーディオ類を抱えるようにしてマンションに運び入れて行く。途中、少し疲れたのか、女性は車に寄りかかって小休止。ぷっくらした唇にぱっちりの目…。彼女は吉田の妻、平子理沙(44才)だった。

 12月21日、都内区役所に離婚届を提出していたことが明らかになった2人。女性セブンは、離婚直前の2人をキャッチした。

 同マンションは平子が4年前に購入した別宅で、この日は吉田の自宅にあった自分の家具を運んでいた。淡々と家具を運んでいくふたりの“引っ越し作業”は、夫婦の離婚報道が出た翌日の出来事だった。

 12月18日、『フライデー』が平子と俳優の村井克行(46才)の不倫同棲を報じた。平子は前述の別宅で村井と同棲中で、離婚届にはすでに判を押してあり、あとは提出するだけの状態だという。

 平子の事務所は同誌に対し、「離婚の準備を進めていることは事実。年内にもと考えている」と認めた上で、村井との男女の仲は否定。あくまで家族ぐるみのつきあいであると強調した。村井との“不倫”が報じられた後も、夫婦仲よく食事に出かける姿が目撃されていた。

「もともと平子さんは“夫婦ではなくずっと恋人同士でいたい”という思いが強いんです。そのためには少し離れた距離感が大切なんだと。別宅を購入した時も、彼女なりの距離感の表れでした。栄作さんも常々“君の好きにしていいよ”と伝えていたそうです」(別の芸能関係者)

 だが、2015年春先、ふたりの関係に変化が生じる。きっかけは吉田の深夜デートだった。 お相手は、人気ハーフモデルの加賀美セイラ(28才)。5月、都内のバーでデートをするふたりの姿を女性セブンが報じた。

「体を密着させて、すごくいい雰囲気でした。彼女がキスをせがむようなポーズをすると、栄作さんはまんざらでもない様子で顔を近づけてみたり…。深夜1時過ぎに一緒のタクシーで帰って行きました」(居合わせた客)

関連記事

トピックス