国内

栃木ママ友いじめ 自殺女性の娘頑張るが事件は終わってない

 栃木県佐野市にある児童数70人ほどの小学校の母親2人が1週間の間に相次いで自殺したのは昨年4月中旬のことだった。衝撃的な事件に騒然とした地域も、今は落ち着いているように見えるが、関係者はいまだにその深い“後遺症”に苦しんでいる──。

 ある一戸建ての庭先で、小学生の男児と40代の父親が12月末とは思えないポカポカとした陽光の下でキャッチボールをしていた。

「今はお父さんが男手一つで小学生の娘と息子を育てているんです。毎朝、出勤前に家族全員分の洗濯物を干しているのを見かけます。お母さんのA子さんが亡くなられてから、まだ若いのに髪の毛は白髪ばかりになって…」(近隣住民)

 A子さんとB美さんは親友ともいえるママ友だった。ともに子供がいじめられて登校拒否をしていたので、いじめの改善を訴えたところ、他のママ友から「母親失格」となじられたり、保護者グループが使っていたLINEの中で陰口を叩かれるようになった。

 新学期が始まって間もない4月16日、A子さんは自宅で首を吊った。変わり果てた母を発見したのは、小4の娘だった。A子さんの葬儀で友人代表として弔辞を読んだB美さんも、後を追うようにその数日後に自宅庭の物置で首を吊って亡くなり、小学生の子供が見つけた。

「B美さんは亡くなる前日の保護者の集まりで、ある母親から『あなたはどうするの?』と言われたそうです。A子さんが亡くなった直後だったので、“A子さんは自殺したけど、あなたはどうするの?”という意味だと捉えたB美さんは泣きながら帰途につき、翌日に亡くなりました」(学校関係者)

“事件”が報じられた直後の7月中旬、臨時の緊急保護者会が開かれ、そこで学校側から「マスコミには何も話すな」と箝口令が敷かれた。本誌が校長に尋ねると、「保護者会から泣きながら帰ったことは自殺の原因だとは思わない。原因はわからない」と口をつぐんだ。

 市の教育委員会によれば、B美さんは同じ小学校の保護者のXさんと何らかのトラブルを抱えていたという。Xさんは市の教育関係者でもある。Xさんはその後、仕事に出ていないというが、それまでと変わらない様子でママ友グループとの交流は続いているという。

 B美さん一家の知人が話す。

関連キーワード

関連記事

トピックス