芸能

長澤まさみがスケスケ衣装で登場 「今度は下半身も」の期待も

スケスケ衣装で登場した長澤まさみ

 2015年末に行われた、第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞の表彰式。約600人の映画関係者が集まる中、主演女優賞は7年ぶり2度目となる綾瀬はるか(30)が受賞した。綾瀬が主役を演じた四姉妹の物語『海街diary』からは、長女役の綾瀬だけでなく、次女役の長澤まさみ(28)が助演女優賞を、末っ子役の広瀬すず(17)が新人賞を受賞している。

 主演男優賞は、『悼む人』と『きみはいい子』の2作品で主演した高良健吾(28)が初の栄誉に輝いた。

 綾瀬は受賞の挨拶で「最初、監督(是枝裕和)の脚本をいただいた時は、うん、難しいなと思いました。ですが、自分とはかけ離れた役だと思っていたんですけど、撮影をしていく中で、“あ、こういうところ、私にもあったな”ということをすごく気づかされて、新たな発見になる、スタートになる作品なのかなって思いました」と語った。

 長澤は、「私が演じた次女は、お姉ちゃん、そして妹たちがいなかったら演じられなかった役だと思っています。この映画を一緒に作った人たちのお陰でこの賞がいただけたと思っています。これからも息の長い女優さんになれるように頑張っていきたいと思います」と今後の抱負も含めて挨拶。

 プレゼンターとして登場したリリー・フランキー(52)は、長澤のスケスケ衣装に着目し、「いい女の落ち着いた映画なのに、なんかちょっとエッチな映画を観た気がするな…というのは、やっぱ長澤さんの力量。重要なことなのに形になりにくいものをちゃんと評価してくれた審査員の皆さまの目の高さ、そして、何より今日の衣装がすばらしい。来年は下半身もシースルーでいきましょう!」と語り、長澤はじめ会場を笑いで包んだ。

 また、新人賞の広瀬のプレゼンターには能年玲奈(22)が登場し、こちらも多くのフラッシュを浴びていた。

 広瀬は、「今日この舞台に、女優としても、女性としても尊敬するお姉ちゃんたちと立てたことが幸せです。皆さんにかわいがってもらって、役も最初で最後じゃないかなと思うくらい運命を感じる役でした」とコメント。

 撮影終了後には、三女役の夏帆(24)から洋服のおさがりを紙袋に2袋くらいもらって現場に着ていった…というエピソードなどを明かし、「自分が、浅野すずとしていられたことと、家族になれたことが、毎日嬉しいなと思う日々でした」と嬉しそうに語った。

 その他、作品賞は『ソロモンの偽証』(成島出監督)、監督賞は『日本のいちばん長い日』の原田真人監督(66)、助演男優賞は同じく『日本のいちばん長い日』の本木雅弘(50)が受賞した。

 外国作品賞は、デミアン・チャゼル監督の『セッション』、ファン大賞は『ジョーカー・ゲーム』、石原裕次郎賞は、『日本のいちばん長い日』、特別功労賞は映画評論家の故品田雄吉さん(享年84)が受賞した。

撮影■高柳茂

トピックス

町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
宮澤エマ(公式HPより)
『鎌倉殿の13人』、事件のカギともなる“乳母力”を時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン