■高地優吾(21才)
「ぼく自身SixTONESができてやっとスイッチが入りました。入所してすぐにいろんな仕事が与えられ、そのありがたみもわからずにやり過ごしてきましたが、今のグループができて今度こそやってやろうと思ってます。ジャニワは初めてですが、SnowManがいてJr.もいっぱいいて良いところを見せようと気合が入ります。けがも心配ですが、負けたくない気持ちがなかったら終わりだから、やるしかないです」

■田中樹(20才)
「Snow Manの皆さんと一緒に仕事をさせていただけるのが楽しいですね! この間翔太くんと一緒にお風呂にも入ったんですよ。チューしてきたり、オレのことけっこう好きみたい(笑い)。今年は仕事が減らないようにいただいた仕事をきちんとやって、認めてもらえるようにしていきたいです。ぼくマジメですか? そうなんですよ、普段はワザとチャラそうにして、ギャップを売りにしてるんで!(笑い)」

■京本大我(21才)
「舞台中初めて歌う演歌はジャニーさんからの挑戦状だと受け取って頑張っています。あがり性で人前に出たくないキャラなんですが、昨年ミュージカル『エリザベート』を経験したので、ファンの皆さんのぼくの歌に対するハードルが上がったように思います(笑い)。ジャニワでもミスしたらすぐ『インフルエンザですか?』ってダメ出しのお手紙がきちゃうんです。心が弱いぼくなのでヘコみますが、緊張感をキープして千秋楽まで乗り切りたいですね」

※女性セブン2016年1月28日号

関連記事

トピックス

降谷建司
《MEGUMIと離婚へ》降谷建志は「モンスト」ガチ勢、不倫相手・A子さんも「真っ赤なプロTシャツ」 2人は「ストライカー仲間」だった
NEWSポストセブン
10月には32才となる眞子さんと、小室氏
小室圭さん、セレブ人脈を期待され重要任務に引っぱりだこ 「表舞台から離れたい」眞子さんの希望は遠のくばかり
女性セブン
高橋ジョージ
《高橋ジョージが語るおひとりさま生活》「もうでっかい幸せは求めてない」離婚後に車4台処分してカーシェア生活の今
NEWSポストセブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の途中で退任もあるのか
巨人オーナー発言で原監督辞任に現実味 次期監督候補として阿部ヘッドより桑田ファーム総監督が有力視される理由
NEWSポストセブン
(EPA=時事)
重要閣僚の登竜門が軽量級大臣の指定席に…“警察大臣”国家公安委員長歴代の顔ぶれに見る「変化」
NEWSポストセブン
不倫相手ら“モンスト仲間”との密着写真を撮影していた降谷建志
《密着写真》MEGUMI最愛の息子と不倫相手が一緒に……我慢できなかった夫・降谷建志の“モンスト仲間”パリピ女子との不貞
NEWSポストセブン
羽生結弦(AFP=時事)と末延さん
羽生結弦結婚で「地元の人達は知っていた」相手の素性がなかなか広がらなかった理由
NEWSポストセブン
伊藤英明の舞台観劇後、スタッフに深々と頭を下げた(2023年9月)
【独占】木村拓哉、後輩たちと交流重ねる「フランクに話せる場を」メッセージアプリでグループを作成
女性セブン
羽生と並んで写真に収まる末延さん(写真はSNSより)
羽生結弦に飛び交う「もう別居」情報 元バイオリニストの妻は仙台とは別の場所に拠点、同居にこだわらぬスタイルか
女性セブン
繁華街を走る路線バス(イメージ、時事通信フォト)
すでに運転士が1万人不足 路線廃止が続くと予想されるバスは「公営にするしかない」のか
NEWSポストセブン
羽生結弦(写真は2022年)
【全文公開】羽生結弦を射止めた「社長令嬢のバイオリニスト」実家は“安倍元首相との太いパイプ”の華麗なる一族
女性セブン
ファンからも厳しい声が多い(写真/共同通信社)
【治らなかったマシンガン継投】2年連続Bクラス目前の巨人「原監督続投なら暗黒時代突入」の懸念
NEWSポストセブン