• TOP
  • スポーツ
  • 前田健太の出来高偏重契約 日本人選手の未来占う試金石に

スポーツ

2016.01.20 16:00  週刊ポスト

前田健太の出来高偏重契約 日本人選手の未来占う試金石に

 広島からロサンゼルス・ドジャースへ、前田健太(27)はメジャー移籍の夢を叶えた。が、その契約内容は関係者に波紋を投げかけるものだった。

 契約金100万ドル(1億1800万円)、年俸は総額2400万ドル(28億8000万円)の8年契約で、各年最大で1015万ドル(11億9000万円)、年俸の3倍という異例の高さの出来高契約がつく。

 インセンティブは開幕ロースター入り、先発回数(15試合から5試合刻み。32試合以上で満額)や投球イニング数(90イニングから10イニングごと。200イニングで満額)に応じて加増されるというもの。すべてクリアすれば8年間で1億620万ドル(124億8000万円)という契約になる。だが反対に開幕一軍に入れず、年間先発14試合以下・90イニング未満ならば出来高はゼロ。手にできるのは基本年俸の300万ドル(3億6000万円)のみとなる。

 これではメジャーの平均年俸(395万2252ドル)にも及ばない、並以下の選手の扱いだ。しかも8年の長期契約なのに途中でオプトアウト(契約破棄)や基本年俸の見直しもできない。

「2015年に32先発&200イニングを達成した選手は25人しかいない。しかも前田が仮にそれを達成して満額の1315万ドル(15億5000万円)を手にしても、1球も投げていない状態の田中将大(2200万ドル)の足元にも及ばない」(在米スポーツジャーナリスト)

 米メディアは「ドジャースには安全で、前田にとってリスクの高い内容」(米ロサンゼルスタイムズ電子版)と評したが、まさにその通り。入団前の健康診断でヒジに不安があったためとされているが、一部の関係者の間では「法外な安さでこき使われる奴隷契約」と揶揄されている。

 前田は広島時代、エースとして頭角を現わし始めた2年目以降、毎年25先発、170イニング以上投げている。特にイニング数は8年間で4回、200イニング超を達成。ここから考えればインセンティブの獲得も難しくないように思える。

 だがこれはあくまで日本での話だ。ボールが滑りやすくマウンドが硬いアメリカでは、何人もの日本人投手が故障に悩まされてきた。

「メジャーには“日本人投手は故障する”というイメージがある。それを踏まえた上で基本年俸を低く抑え、成功報酬で評価する。松坂や田中のようにシーズンを通して働けないと、今後も日本人投手との契約内容は同様のパターンが増える可能性がある。日本人選手の未来を占う試金石になるでしょう」(MLB評論家の福島良一氏)

 足元を見る球団を見返すことができるか。

※週刊ポスト2016年1月29日号

関連記事

トピックス