ライフ

手足に力入らず感覚失う多発性硬化症 日本人にも急増

 脳から出た情報は、神経細胞を通じて電気信号で体中に伝わって行く。神経細胞から伸びる神経の周囲は、ミエリンという皮膜に覆われ、電気信号がスムーズに伝わるようになっている。多発性硬化症(MS)はミエリンが自身のリンパ球の攻撃で障害(脱髄、だつずい)され、脳からの情報が適切に伝わらなくなる自己免疫が関係する病気だ。

 大脳、小脳、脊髄、視神経に病変が起こり、手足に力が入らない、感覚がわからない、突然眼が見えなくなるなど、様々な症状が出る。ところが、発症してもミエリンは回復が早いので、病状が安定して治まれば寛解(かんかい)する。ただ年に何度も再発を繰り返す症例も多い。

 宇多野病院(京都市)多発性硬化症センターの田中正美センター長に話を聞いた。

「MSは北欧やカナダの白人に起こる典型的な病気ですが、この20~30年、日本人も急激に増えています。日本では男女比3対7で女性が多く、世界中で女性患者が増加しています。2004年の全国調査で、発症年齢が以前より若くなっているとの報告があります」

 MSの診断は問診や血液検査、髄液検査、MRIでの画像診断などを組み合わせて行なう。似たような症状を起こす別の病気もあり、再発して初めてMSと診断されることもある。MSは症状が安定していても、脳では顕微鏡レベルの病巣が出没する。重要なのはMSの治療開始前に、症状や経過が類似している視神経脊髄炎(NMO)との鑑別だ。NMO患者にMSの再発抑制剤を投与すると、重篤な再発を誘導するからだ。

 治療は炎症と免疫異常を抑えるための抗炎症療法が行なわれる。急性期にはステロイドで炎症を抑え、その後は免疫機能を調整する治療を行なう。昨年秋に軽症の患者を対象にしたグラチラマー(商品名/コパキソン)が保険承認された。

関連キーワード

関連記事

トピックス