• TOP
  • コラム
  • 松井咲子 ユーロ使う独、使わぬポーランド訪れ為替問題実感

コラム

2016.02.02 16:00  マネーポストWEB

松井咲子 ユーロ使う独、使わぬポーランド訪れ為替問題実感

元AKB48でピアニストとしても活動する松井咲子

 AKB48を卒業しピアニストとしても活動する松井咲子が、将来のために投資を学ぶ連載シリーズ「松井咲子のFXバイエル」。これまで、FX(外国為替証拠金取引)のさまざまな取引の方法について学んできたが、今回は、まだあまり知られていないFXのサービスがテーマ。セントラル短資FX代表取締役社長の松田邦夫さんが、わかりやすく解説する。

松田邦夫(以下、松田):街が華やかなクリスマス・イルミネーションに包まれる季節となり、3月からスタートした『FXバイエル』もいよいよ最終回です。締めくくりに、年末のお忙しい方々にも、「まだまだあるFXの魅力」を発見していただけるレッスンにしたいと思います。

松井咲子(以下、松井):最後まで盛りだくさんですね(笑)。私自身、レッスンを受けるまでは、「FXってリスクが結構ある商品なのでは」というイメージを漠然と持っていましたが、リスクをしっかりとコントロールする方法があるとか、外貨預金に近い効果をずっと安いコストでできるとか、FXの知識がだいぶ増えました。

松田:それはよかったです。為替レートを決めるさまざまな要因、例えば、各国の経済動向や金融政策、政治情勢などの見方のコツも分かってくると、視野が広がって、もっと楽しくなるかもしれません。

松井:そうですね。松田さんのレッスンを受ける合間に、レギュラー出演しているテレビ番組の取材でユーロを導入しているドイツ、導入していないポーランドを訪れましたが、為替の問題が身近に感じられるいい機会でした。現地で両替をするときや、現地の通貨を使うときには、松田さんのレッスンを思い出していました(笑)。

松田:旅のお供をできたとは光栄です(笑)。実は、当社には、為替市場にどっぷり浸りたい人のために、NDD(ノン・ディーリング・デスク)方式といって、銀行同士が行っている売買のレートの中で一番条件のよいレートをお客さまにお届けするという、透明度の高い、現時点では「最先端」ともいえる商品があります。その名も「ウルトラFX」。

松井:うわっ、特別感がスゴイですね。

松田:この商品は、為替市場のレートを、お客さまに「産地直送」でお届けします。つまり、銀行にいる為替ディーラーと変わらない環境で取引ができるので、短時間で売買を完結させて、翌日まではポジションを持ち越さないような取引スタイルを好まれる投資家のご利用が多いですね。

https://www.news-postseven.com/wp-content/themes/nps2019_pc/images/マネーポストWEB

関連記事

トピックス