• TOP
  • スポーツ
  • 清原覚醒剤事件のキーマン 昔のメールや着信記録を警察把握

スポーツ

2016.02.16 07:00  週刊ポスト

清原覚醒剤事件のキーマン 昔のメールや着信記録を警察把握

 覚せい剤取締法違反で逮捕された清原和博容疑者(48)の覚醒剤事件のキーマンが、元プロ野球選手のXだ。1991年、オリックスに入団。中継ぎとして活躍し、1998年に巨人に移籍、2000年には優勝・日本一に貢献した。その後はメジャーリーガーを目指して渡米。2005年に球界を引退している。その後、2006年、覚せい剤取締法違反の罪で逮捕され、有罪判決を受ける。

 本誌は判決を受けた直後、Xに480分もの長時間のインタビュー取材を行なった。清原も同法違反で逮捕され、過去の常習的な使用も疑われている今、本誌はこの証言が「清原がいつから薬物に溺れてしまったか」を探るための重要な意義があると考え、重大発言をあえて公開する。

 証言よればXが清原に覚醒剤を融通するようになったのは巨人で同僚だった1998年からだったという。以下、Xの証言だ。

 * * *
 清原さんから来る連絡は、ほとんどが電話でしたが、焦っている時は何度もメールが来ていました。そうしたメールは保存しています。例えば2001年11月に来た、「カネは後で用意するから24日までにほしい」というメールをしてきた時には、大切な女性と約束があったようです。

 連絡が突然来なくなったのは2004年の夏以降です。この頃私は離婚問題でゴタゴタしていたこともあったが、急に冷たくなった清原さんと揉めることが多くなった。実は2001年オフにメジャーに行った頃から、私がヤバいものを仕入れていた仲介者と、清原さんが直接話をするようになったのです。

 次第に汚れ役だった私と手を切りたくなったのかもしれません。手紙を書きましたが返事はありませんでした。そして2005年は音信不通になりました。

 私だって、本当ならこんな危険なことはしたくありませんでした。でも清原さんが監督になるのは間違いないと思っていたので、その時にヘッドコーチをやらせてもらうつもりだった。清原軍団の本部長だという自負はありましたからね。

 そこで2006年2月26日、2次キャンプのため高知に来ていたオリックスの宿舎に、清原さんを訪ねたんです。注文されていないけど、わざと覚醒剤を持って行った。ビニール袋に0.25グラムを入れて、プレゼント用のリボンをつけて持参しました。夜の8時頃で、フロントが預かってくれました。

関連記事

トピックス