• TOP
  • 芸能
  • 日テレ好調の背景にトーク番組の強さ スター育成にも活用

芸能

2016.02.28 07:00  NEWSポストセブン

日テレ好調の背景にトーク番組の強さ スター育成にも活用

『行列のできる法律相談所』で結果を残すと別の番組からも声が(公式HPより)

 今年も日本テレビが独走している。1月も、全日(午前6時~翌日午前0時)、ゴールデン(午後7~10時)、 プライム(同7~11時)の 各時間帯で視聴率トップ。26か月連続の「三冠王」を獲得している。
 
 その屋台骨を支えるのは毎週、日テレ週間視聴率トップ5に名を連ねる『笑点』『真相報道バンキシャ!』『THE!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』といった日曜夜の番組と言われているが、実はもう1つ、ある特定の番組ジャンルも、その好調の一翼を担っているという。
 
「トーク番組です。しかも、月曜から毎日放送されています。月曜日は『しゃべくり007』。火曜日は『踊る!さんま御殿!!』。水曜深夜は『ナカイの窓』。木曜は『ダウンタウンDX』(読売テレビ制作)。金曜は『アナザースカイ』。土曜は『メレンゲの気持ち』と『嵐にしやがれ』と『有吉反省会』。そして日曜は『誰だって波瀾爆笑(はらんばくしょう)』と『おしゃれイズム』。『行列のできる法律相談所』も、もはやトーク番組と言っていいでしょう」(テレビ誌ライター)
 
 日テレには、こうしたトーク系のバラエティーを含めると合計10本以上の芸能人トーク番組が存在する。対して他局を見ると、同じような番組は日テレほど多くはないのがわかる。
 
 主なもので言うと、テレビ朝日は『徹子の部屋』と『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』。TBSは『ぴったんこカンカン』と『A-Studio』、『サワコの朝』。フジテレビは『ごきげんよう』『ダウンタウンなう』、『ボクらの時代』『ウチくる!?』『さんまのまんま』(関西テレビ制作)。テレビ東京は『チマタの噺』。NHKは『あさイチ』金曜日の「プレミアムトーク」と、『スタジオパークからこんにちは』『土曜スタジオパーク』が挙げられる。
 
 では日テレにおけるこれら多くのトーク番組は、どのような作用をもたらしているのだろうか?

関連記事

トピックス