芸能

新曲発売の嵐・相葉雅紀 Jr.の後輩のコミュ力の高さに感心

 嵐の48枚目のシングル『復活LOVE』。CMですでに耳にした人も多いのでは。作詞を竹内まりや、作曲・編曲を山下達郎が担当したことでも話題となっている。

 そんなノリにノッている嵐の相葉雅紀(33才)に話を聞いた。相葉は昨年のコンサート『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』のソロ曲で“ティシュー”という、気球につられた布に体だけで巻きついていく命がけの大技に挑戦していた。大技に挑戦するために鍛え上げた体は今も健在だという。

「怖かったよ~。怖かったけど絶対下に落ちないって巻き方だったから100%落ちないって確証があった。自分で巻きつけていくから、“間違えてない”って自信があったし、信用もできた。腕の筋肉もそのためにつけたし。今もムキムキ!」

 と、袖をまくって腕の筋肉を見せてくれた。最近はコンサートのバックについたジャニーズたちとご飯を食べに行く機会もあるのだとか。

「年末にツアーについてくれたと嵐でご飯を食べに行ったんです。そのときにおれのテーブルにいた子に“アドレス教えてくださいよ”って言われて。そこでグループメールができたんだけど、知らないうちに『相葉会』ってグループ名ができてた(笑い)。

“新年会しましょうね”って言われて、行ってきました。韓国料理屋さんに。でも、そう慕ってもらえるのって嬉しいですよね。って一生懸命やってくれてるから、応援したくなるよ。今回のツアーについてくれたTravis Japanや、ずっとついてくれてるThey武道、MADEはかわいいよね。

 おれ、先輩に“ご飯に行きましょうよ”とかって言えなかったから。ある程度大人になってから、松兄(TOKIO・松岡昌宏)や剛くん(V6・森田剛)とやっと連絡先交換できたんだ。今の子たちはコミュニケーション能力が高いなって感心する。でもいいことだと思うんだよね」

 4月末からは9年ぶりとなるアリーナツアーも始まる。『ARASHI“Japonism Show”in ARENA』と題してJaponismの流れは残し、コンサートよりもショーに近いものになるそうだ。

「今、絶賛打ち合わせ中。お客さんとの距離が近くなるから、ドームでやったことをどうやって表現していくかがこれからの課題だよね」

 そんな相葉に近況を聞いてみた。

「(櫻井)翔ちゃんに誕生日プレゼントをあげました。翔ちゃんに似合いそうなセーターとTシャツ。おれの誕生日には靴をもらったよ。すごく温かいぬくぬくのやつ」

 と、嬉しそうに教えてくれた。

※女性セブン2016年3月10日号

関連記事

トピックス

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
遺体が見つかった直後の様子(時事通信フォト)
松戸市女児行方不明、DNA検査で南朝芽さんと判明 捜査員の姿が見えなくなった背景
NEWSポストセブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン