• TOP
  • ライフ
  • 小泉今日子とマドンナのような50代がいることは喜ばしい

ライフ

2016.02.29 16:00  女性セブン

小泉今日子とマドンナのような50代がいることは喜ばしい

オバ記者にとってのマドンナ&キョンキョンとは?

 マドンナ(57才)が10年ぶりにワールドツアー『レベル・ハート・ツアー』で来日。“反逆精神”を意味する今回のツアーでは、SMさながらのハードなパフォーマンスを披露した。かたや日本にも、見ているだけで胸を揺さぶられる女性がいる。2月4日に50才になった小泉今日子だ。58才のオバ記者こと野原広子が綴る。

 * * *
 わが心の師であり、1つ年下のマドンナが10年ぶりに、さいたまスーパーアリーナで2日続けて歌って踊っていきました。初日は開演が2時間遅れていっさい理由を説明しなかったとかで、「プロとしてどうか」という人もいたそうだけど、そんな輩にオバは言いたい。「マドンナの太ももを見よ!」と。

 57才でここまでのピチパツを保っている人が、地球人口72億人の中でどれだけいるか。50才過ぎたらピンヒールをはいてただ歩くことすら苦行ですぜ。それが階段を上り下りしたり、激しく踊りながら歌う? あり得ません!

 しかもイギリスの音楽祭ではアクシデントが起きて、階段でコケたそうではないですか。さすがに起き上がって再び歌うまで、いくらか手間取ったそうだけど、普通なら救急車騒ぎです。

 そりゃあ、顔は、“技術革新”とか“最新の工法”など、さまざまなことがいわれていますが、肉体と声は“かけ値なし”。これを保つためにこの10年、彼女がどれほどのことをしてきたか。

 オバが揚げたて熱々のとんかつにはふはふと食らいつき、酎ハイをあおっている間、太平洋の向こうの彼女は食の快楽とはほど遠い、超自然食を食べていたのです。尊敬を通り越して、ただ神々しくありがたく、涙なくしては見られません。

 マドンナがマドンナであり続けている。それだけで世界中のオバさんは勇気づけられます。志なんて言葉すら忘れていたオバでも、彼女を見ると、目の前でパチンと手を打たれたように覚醒します。

 そして夢を見ます。もし本気になったら、手順さえ踏めば、マドンナのような若い肉体を取り戻せるのではないか。まだ間に合うのではないか。年下の男の子と恋なんかしちゃって、うひひ。桃色の妄想をたくましくさせてくれる人。それがスターでなくて、何なのでしょう。

 その一方で、16才のわがオス猫の背中をなでながら、オバは思います。マドンナの見せてくれる夢は、しょせんはアメリカンドリームなんだよなぁ、と。

 富も名声も、子供も恋人も、若さも美も、欲しいものは必ず手に入れて、雷が鳴っても離しませんというマドンナの強さに憧れはしても、もっと身近に、私たちの目標、モデルになってくれる人はいないものか。

関連記事

トピックス