芸能

綾瀬はるか&松坂桃李 結婚めぐり関係者が語る

本人の望む“結婚リミット目前”の綾瀬はるか

 昨秋あたりから大物カップルの結婚が続いているが、次に気になるのが綾瀬はるか(30才)と松坂桃李(27才)だ。2014年公開の映画『万能鑑定士Q』での共演がふたりの急接近のきっかけだった。

「その映画のロケで出かけたフランスのパリでは、半日だけのオフを利用して、ふたりでオルセー美術館にも出かけたそうです。ふたりとも、絵を描くのも見るのも好きだそうなので、気が合ったのでしょう」(芸能関係者)

 その後も交際は順調に進んだ。女性セブンは昨年春に互いのマンションに通い合うふたりの姿をキャッチ。広島で暮らす綾瀬の父親は「ふたりの交際を見守っている?」という問いかけに、「そうですね」「本人らの問題」と答えていた。しかも「もうホントに年じゃけえねえ。親としては、早く結婚してもらいたい」と本音も飛び出し、結婚は時間の問題かと思われていた。

 ところが──ふたりは年明けには破局していたという。ふたりをよく知る関係者が明かす。

「結婚願望の強い綾瀬さんと、まだ自由でいたい松坂くんのスレ違いです。綾瀬さんはとにかく30才のうちに結婚したがっていました。結婚を報じられるときに『31才』と書かれることを本気で嫌がってましたから。そもそも綾瀬さんは、5年前に大沢たかおさん(47才)と交際していた時も結婚を意識していました。でも綾瀬さんが多忙を極め、周囲の許しを得られず破局。だからこそ今回は『結婚させてもらえないなら、事務所を辞めても構わない』とまで周囲に言っていたそうです。当然、それは松坂くんの耳にも入っていたと思います」

 綾瀬の誕生日は3月24日。まもなく彼女にとっての“結婚リミット”を迎える。ところが、松坂の方は結婚の決意まではできなかった。

「まだ20代で、今が仕事でも勝負所。周りの人たちにも“30才ぐらいまで結婚なんて考えることもできない。とにかく今は仕事をしたい”とこぼしていたそうです。それに綾瀬さんの想像以上の天然ぶりにも、“ついて行けないんだよなァ…”とこぼすこともありました。結論が出ない中、最後は綾瀬さんの方から“結婚しないなら”とさよならを決めたそうです」

 ふたりは今、多忙を極める。綾瀬は主演ドラマ『わたしを離さないで』(TBS系)でヒロインを務め、3月からはNHKの放送90年大河ファンタジー『精霊の守り人』に出演する。一方の松坂も4月から『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)で学校教師役を演じることになっており、夏には『秘密』、『真田十勇士』と映画公開が控える。仕事に邁進するふたりにしばらくは春は来そうにない。

※女性セブン2016年3月17日号

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン