芸能

SMAP公開謝罪以来初の生ライブ ファンは安堵と不安

福島で騒動後初の生ライブに全員揃って登場

「震災から丸5年、今宵は東北・福島から復興への思いを歌で届けたいと思います」。3月12日、寒空の下メンバー5人の中央に立った中居正広(43才)のそんな言葉で、福島・会津若松での『震災から5年 “明日へ”コンサート』は幕を開けた──。

 SMAP騒動から2か月。『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)での“公開謝罪”以来、メンバー全員が揃って生ライブに登場するのは今回が初めてとあって、大きな注目を集めた。

「会場となった『會津風雅堂』は収容数が1400人とかなり少なく、加えてはがきでの応募による完全な抽選制でした。SMAPが登場するのと相まってチケット入手はかなり困難でした」(芸能関係者)

 会場外に数十名の警備や警察官が立つという異様ともいえる厳戒態勢だったが、夜7時30分、中居の「こんばんは」という声でステージは始まった。中居と木村拓哉(43才)を中心にトークが繰り広げられる。「寒い…」と震える中居に5年前のほうが相当寒かった、とツッコむ木村。そして5人で「明日へコンサート!」と声を揃えると、曲がかかる──。

『オリジナルスマイル』に始まり、『この瞬間、きっと夢じゃない』、『世界に一つだけの花』の3曲を披露したSMAPに涙ぐむファンも。『世界に~』では会場中が大合唱で包まれ大盛り上がり。その様子をテレビで見守っていたファンも大きく安堵したようだ。

「最高によかった。とにかく、5人が揃っている姿を直接見ることができて、本当に安心しました」(観覧した女性・30代)

「みんなが東北を思う気持ちが伝わってきて泣いてしまいました。きっと何があっても、SMAPは大丈夫。応援し続けます」(地元のファン)

 一方、この日、不安を拭いきれなかったファンの声もある。

「木村さんのトークのとき、他のメンバーの表情が曇ったように感じてしまいました」(観覧した男性・40代)

「歌の最中にみんなが観客席に降りて通路を歩いて、握手したりハイタッチしたり、木村さんは女性と“デュエット”もしていて、震災復興のため、観客と一体となって…という雰囲気はありました。ただ、あまりに気を使ってファンと触れ合おうとしているように見えて、少し違和感も覚えました」(観覧した女性・40代)

 コンサートのエンディングには、中居は観客に向けてこう語りかけた。

「時には振り返って、過去は変えられませんが、自分の歩んできた足跡を見ることも大事なんじゃないかなと思います」

※女性セブン2016年3月31・4月7日号

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン