連載・シリーズ

連載・シリーズ一覧を見る

安藤優子 「誰がショーンKを連れてきた」でピンチに

2016.03.25 16:00

 ショーンKことショーン・マクアードル川上氏(48)の経歴詐称騒動で、最も痛手を負ったのがフジテレビ

 ショーンKことショーン・マクアードル川上氏(48)の経歴詐称騒動で、最も痛手を負ったのがフジテレビだった。同局は4月4日から平日深夜の大型情報番組『ユアタイム~あなたの時間~』をスタートさせるが、そのメインキャスターを川上氏が務める予定だった。現在、フジ局内には“ショーン・ショック”が広がっているという。

「“誰がショーンを連れてきたのか?”と任命責任を問う声が出ている中で、意外な人の立場が危うくなっています。キャスターの安藤優子さん(57)です。実は『ユアタイム』の制作統括は『NEXTEP』というフジの子会社が担っており、同社の社長の堤康一さんは安藤さんの旦那さんなんです」(フジ関係者)

 もともとフジテレビ局員だった堤氏が、NEXTEPに出向したのは昨年6月のこと。

「堤さんは安藤さんがMCを務める『直撃LIVEグッディ!』の制作総指揮をとっていた人。安藤さんのMC招聘は堤さんの後ろ盾があったからとも言われていました。しかし、鳴り物入りで始まった『グッディ!』は平均視聴率1%台が続き、大苦戦。

 そんな折に堤さんが子会社に出向となったため、事実上の“左遷”とも囁かれた。今回の任命責任も堤さんが負うことになれば、安藤さんのフジ内における立場はいっそう悪くなりかねない」(同前)

 果たして川上氏の任命責任は誰にあるのか。NEXTEPは「取材には応じられない」とのことだった。ならばと、出勤前の安藤に堤氏の任命責任について問うとこう答えた。

「私はよくわかりません……でも、ショーンさんとお会いしたことはありますが、知的で人当たりも良い人でした。人柄が評価されたから選ばれたのだと思います」

 フジテレビはこう言う。

「(川上氏は)フジテレビとして起用を決めました。(誰かが任命責任を負うことは)検討していません」

※週刊ポスト2016年4月8日号

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP