国内

佳子さまが秋篠宮家旅行で籠城した理由と眞子さまの思いやり

ゲレンデに佳子さまのお姿はなかった。写真は紀子さまと悠仁さま

 秋篠宮ご一家は3月末、栂池高原スキー場(長野県)でのスキー旅行へ向かわれた。このスキー場は、紀子さまがご成婚の直前にご両親と弟の4人でいらっしゃった思い出の地でもある。

 3月26日の午前9時半を回り、上下黒のスキーウエアにハンチング帽、サングラスをかけた秋篠宮さまがゲレンデに姿を見せられた。グレーのウエアの紀子さまと、空色のウエアを着た悠仁さまが笑顔でお話をされている。眞子さまは大きなポンポンのついたニット帽がかわいらしい。大学時代にスキー部に所属されていた眞子さまが、悠仁さまとご一緒に滑られるシーンも見られた。

 微笑ましい“家族スキー”のワンシーン。だが、そこに佳子さまの姿は一度も見られなかった。ご家族がスキーを楽しまれている間、佳子さまがホテルから外に出られなかった理由を、事情を知る秋篠宮家関係者がそっと耳打ちする。

「実はスキー旅行を巡って、佳子さまと秋篠宮さまとの間で大きな衝突があったようです。その結果、佳子さまは頑なにゲレンデにお出にならなかった」

 今回、私的なご旅行でありながら、ゲレンデにはスキーを楽しまれるご家族に、三脚を立ててテレビカメラを向ける存在があった。

「あとからわかったことですが、どうやらご一家のプライベートタイムを映像と写真で記録するため、撮影クルーが同行していたようなのです。そして佳子さまがゲレンデに姿を見せられなかった理由はこの撮影クルーの存在にあったようです。佳子さまは、ご公務など公の席での写真や映像は仕方がないと受け止めていらっしゃいますが、ご自身やご家族とのプライベートな面が広く世に出ることに大きな不満を持っていらっしゃるのです。根っこにあるのは、小学校時代のフィギュアスケートのトラウマだということです」(前出・秋篠宮家関係者)

 幼少からフィギュアスケートを習われてきた佳子さまは、小学校時代に大会に出場し、優勝経験もあるほどだ。

「伸びやかに元気よく演技されるお姿が公開され、当時は佳子さまのかわいらしさがよく伝わると大変評判のよいものでした。しかしその後、佳子さまが成長され、高校や大学進学、さらに成人と人生のターニングポイントを迎えるたび、繰り返しメディアで流された。年頃の佳子さまとしては、幼い頃のご自身の姿が画面に映し出されることに、大変な苦痛を感じていらっしゃったということでした」(前出・秋篠宮家関係者)

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
有働由美子と膳場貴子
【25年の因縁】有働由美子と膳場貴子“6才差のライバル関係” NHK時代に激しいエース争いを繰り広げた2人の新たなチャレンジ
女性セブン
羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン