ビジネス

お母さん目線で再建図るマクドナルドのカサノバ社長 その素顔

日本マクドナルド社長兼CEOのサラ・カサノバ氏

 会見では冷淡なキャリアウーマンといった雰囲気を見せる、日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長兼CEO(51才)。苦境に立たされる同社の立て直しを担う彼女は、本当はどんな女性なのだろうか? 女性セブンはカサノバ氏に密着取材を敢行、その素顔に迫った。(文中敬称略)
■インタビュー・構成/山川徹(フリーライター)

 * * *
 3月中旬の陽気な昼下がり、東京郊外にある店舗の客席は、卒園式を迎えた幼稚園児とその母親たち、仕事の合間に立ち寄ったサラリーマン、部活帰りの女子中高生たちで賑わっていた。

 その客席に、一見似つかわしくないスーツ姿の白人の女性が行ったり来たり。走り回って転んだ子供を抱き起こしたりとお節介を焼いて回っている。ふと、高校の試験勉強をしている2人の男子生徒を見つけると、隣に腰を下ろした。

「ハーイ、私はサラです。何の勉強してるの?」

 同時通訳を介しながら、馴れ馴れしく話しかけてくる外国人に高校生は怪訝顔。それでも、彼女の弾ける笑顔と大きな笑い声にすぐに引き込まれてしまった。

「その科目は難しいわよ。私も学生の頃に苦労したわ。ところで、好きなメニューは?」
「ポテトっすね」
「そうなの! じゃあ、新商品を出すとしたらどんな味つけがいい?」
「う~ん、明太子味かな」
「グッド! すぐ検討するわね」

 そんな客席の一角に座って、やっとインタビューが始まった。彼女はサラ・カサノバ(51才)。2013年8月から日本マクドナルドの社長兼CEO(最高経営責任者)に就いている。

「みなさん、テレビで私のことを見ると“怖い人”って思うらしいんです。でも本当は、全然そんなことないのよ。ね、そうでしょ?」

 カメラを向けると、カサノバは「10才若く撮ってね」と笑みをこぼした。そんな屈託のなさを、意外に思う人も多いかもしれない。

 彼女の“怖い人”イメージが定着したのが、2014年7月に行われた記者会見だった。

 2014年7月、中国・上海の食肉加工会社による期限切れ鶏肉使用疑惑が発覚した。中国当局は日本の厚労省に対し、「対日輸出した食品に問題はない」と説明したが、世間を大きく騒がせた。さらに翌年明けには異物混入が大きく報じられた。

 会見でのシリアスな表情が与えた冷たい印象、また謝罪のタイミングなどに非難が集まり、マスコミはこぞってバッシングした。そうした不祥事の影響を受けた2015年度は、380億円の赤字。マクドナルドはかつてないほどの苦境に立たされた。

 だからこそ、カサノバは「お母さん目線」を全面に打ち出して、経営再建を図っている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン