スポーツ

五輪ゴルフ代表候補・野村敏京 日本語話す機会ほどんどない

日本語は苦手?(USLPGAのHPより)

 8月開催のリオ五輪で112年ぶりに復活した男女ゴルフ(個人戦)の代表選考が日本ゴルフ界の重大関心事になっている。ゴルフ競技の代表選考は特殊で、他の競技のように国内の競技団体が選考する形式ではない。国際ゴルフ連盟が定めた五輪ランキングの上位者が自動的に選ばれ、各国の上位者2人が代表となる。

 五輪ランキングは原則として世界ランキングに準じるが、男女各60の出場枠を各国に割り振るにあたり、「【1】世界ランキング上位15人は優先的に出場資格を得られるが、1つの国からの出場は4人まで」「【2】16位以下の選手については、【1】で資格を得た選手も合わせて、1つの国からの出場は2人まで」といった条件がある。

 現状、男子は松山英樹(世界ランク11位。5月2日時点。以下同)がほぼ当確(2番手は池田勇太の33位)。そして女子代表の座に最も近いのが、4月24日に米ツアー2勝目を挙げて世界ランク23位となった野村敏京(はるきょう)だ。ゴルフ誌記者が語る。

「今年2月の米ツアーで初優勝し、間を開けずに2勝目。宮里美香(41位)や宮里藍(80位)、横峯さくら(77位)らの成績が低調な中、米ツアーを席巻する韓国勢に対抗できる唯一の日本人選手ですが……」

 記者が複雑な表情を浮かべるのには、こんな理由がある。

「日韓のハーフの野村は日本で生まれた後に5歳から高校卒業まで韓国で過ごしていたので日本語をほとんど喋れない。2011年に日本ツアーで勝利しましたが、その時の優勝インタビューは“ギャラリー、皆さん、ありがとうございました。私、ちょっと日本語うまくないので……でも、感謝の気持ちはおっきいです”でした。同年に日本国籍を選択したものの、主戦場は米ツアーなので、今も日本語を話す機会はほとんどありません」(同前)

 他の競技にも「日本語を話せない日本代表」はいるが、その多くは団体競技の一員。個人競技で、しかもビジネススケールの大きいゴルフだけに事情は複雑だ。

「五輪採用を機にゴルフ人気の盛り上がりを期待している中、日本語を話せない野村が代表になってもCM起用は難しい。人気の高いW宮里や横峯の代表入りを望むゴルフ関係者は多いが、肝心の成績が伴わなければどうしようもない」(ゴルフメーカー営業担当)

 ついにはこんな恨み節まで飛び出した。

「日本語堪能で、日本ツアーで圧倒的人気のイ・ボミは世界ランク15位ながら、上位の韓国人選手が多いために代表から漏れる可能性が高い。それなら日本ツアーを主戦場とする彼女を日本代表にしてもらいたいというのが本音です」(同前)

 そんなことが叶うはずもないのだが、五輪ゴルフを一大商機としたい日本ゴルフ界の溜め息は大きいようだ。

※週刊ポスト2016年5月20日号

関連記事

トピックス

地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
(共同通信社)
アントニオ猪木さん、闘病中に語った胸中「ファンはギブアップを許してくれない」
女性セブン
ユーミンと郷ひろみ デビュー50周年の2人がタモリ番組で見せた「遊び心」
ユーミンと郷ひろみ デビュー50周年の2人がタモリ番組で見せた「遊び心」
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
神田正輝を目撃
神田正輝の個人事務所が解散、引退説が浮上 直撃に本人は「今後は仕事を始末してから考えます」
女性セブン
映画『99.9』完成報告イベントに登壇した香川(2021年撮影)
香川照之が脚本変更、土下座を拒否していた!『六本木クラス』最終話のゴタゴタ
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン