芸能

藤岡弘、 『真田丸』で演じる本多忠勝への格別な思い

藤岡弘、の自宅に併設された庵にて

 この3月に公開された映画『仮面ライダー1号』で、藤岡弘、は、25歳のときに演じた主人公・本郷猛を70歳にして再演した。かつて映画俳優を目指して上京した藤岡は、アルバイトをしながら俳優養成所を経て松竹映画に入社。青春映画真っ盛りの時代だった1971年、テレビドラマ『仮面ライダー』の主役に抜擢され、アクション俳優の道を歩み始める。

『仮面ライダー』を演じた後、藤岡は、1977年から放送が始まったドラマ『特捜最前線』の桜井警部役などで地歩を固めていく。

 1984年にはアメリカ映画『SFソードキル』にサムライ役で主演。このとき、日本人として初めて米国俳優組合のメンバーとなった。もっともこの映画は、藤岡が思い描いていたものと違い、サムライ像の間違った描き方もあった。このため、「本格的なサムライ映画をつくりたい」という想いが藤岡の中で頭をもたげてくる。しかし実際に資金を集め、映画製作に乗り出したものの、計画は頓挫する。

「海外の会社と組んで、映画をつくりたいとお金を貯めていたんですが、詐欺にあってすべて奪われてしまったんです。道は絶たれ、それを誤解したマスコミが叩いて私の足を引っ張った。

 詐欺を見破れなかったのは私の不徳の致すところなんですが、そのあと、何年間かは仕事がすごく減りました。日本のためにと思ってやったことだったんですけどね。でも、それは、私の修行の旅の途中に起きたこと。どんな失敗も自分の糧として、自分の栄養としてそれを消化していけば、未来に繋がると思っていました」

 藤岡は現在、NHK大河ドラマ『真田丸』に本多忠勝役で出演している。『勝海舟』での坂本龍馬役、『春日局』での織田信長役とこれまでに6本の大河に出演してきたが、22年ぶりとなる今回のドラマへの思いは格別だった。

「この武将は偉大だな、なんでこの人の名前が世に出てこないんだろう、とかねがね思っていたのが本多忠勝公だったんです。ずいぶん前に房総にある大多喜城に行ったときから忠勝に興味を持ち、資料を読んで惚れ込んでいた武将でした。

 人を裏切らず、欲にかられず、忠義の知将でもある。こういうリーダーこそ組織にいて欲しい人間だと思っていたんです。だから、『是非とも』とオファーがきたときはびっくりしたし、三谷幸喜先生の願いと聞き、引き受けたいと思ったんです」

 藤岡がこだわるのは、本物のアクションであり、よりリアルなシチュエーションだ。

「真剣を持ったこともなく、斬ったこともなく、竹光を振り回して敵がばったばったと倒れていくのを見ると、なんかちょっと違うな、と思う部分もある。アクションでも、私は相手に『真剣に本気で殴ってきてください』って言うんですけどね。いまは、CGがあるから大丈夫だと気軽にやっている感じもする。でも、アクションをやるならば、最低限の基礎体力を備え、実の訓練はすべきだと思います」

 古希を迎えてなお、藤岡は、本物のアクションを欲し続ける。

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン