• TOP
  • 芸能
  • 篠原涼子 深夜のハイテンション「ママ友会」を実況中継

芸能

2016.05.30 07:00  週刊ポスト

篠原涼子 深夜のハイテンション「ママ友会」を実況中継

ほぼスッピンで朝まで深酒

 5月中旬の午前2時半、都内の高級住宅街の一角でひっそりと営業する隠れ家バーに、4人組の女性がほろ酔いで入店した。

「え、いま恋してるの!?」
「私は清純だってば!」

 アラフォーと思しきオトナ女子たちが入った個室からは、テンションの高い声が漏れてくる。その中には見覚えのある顔があった。女優の篠原涼子(42)だ。

 篠原は2005年に俳優の市村正親と結婚。現在は8歳と4歳の息子を持つ2児の母である。この日は、長男の通う小学校で開催された学園祭に参加し、奮闘する姿が目撃されていた。

 その打ち上げだったのか、漏れてくる会話の中には、子供の習い事や、「○○ちゃんママ」などの呼び名もあり、ママ友の集まりだったようだ。以下、居合わせた客の証言を元に振り返る。

「所帯じみてるとかいらないよね。常に恋していたい! 旦那以外と!」

 ママ友のひとりが個室の外に漏れるほどの大声で宣言すると、一同が「だよねぇー」と間髪入れずに同調。さらに篠原が意味深な言葉で続く。

「この指輪だって買ってきてくれて~。人生、また始まるかな~」

 まるでドラマのワンシーンのような、この発言に対し、別のママ友が「始まる、始まる! っていうか、始まってるじゃん!」と言えば、一同が「キャハハハハー」と大笑い。

 篠原といえば、4月下旬の『女性セブン』(5月12・19日号)で、俳優の江口洋介との焼肉デートが報じられたばかり。「人生がまた始まる」という言葉が、下衆の勘繰りを助長させる。会話がヒートアップするにつれ、お酒のピッチも“度数”も上がっていった。

関連記事

トピックス