芸能

自殺未遂など衝撃過去語った広末涼子 今は充実の日々

衝撃の過去を語った広末涼子

《正直、確信犯です。出来ちゃった結婚と言われたけど、そうじゃないと結婚なんて出来ない状況だった。あの時点でフェードアウトしないと壊れていた》

 ファッション誌『FRaU』7月号で、広末涼子(35才)が半生を振り返った。

『聞きたくて聞けなかったこと』と題した計2万字に及ぶインタビューで、デビューから現在までの軌跡を語ったのだが、その中身にファンが騒然となっている。

 2003年の前夫との“でき婚”については計算だったと語り、離婚についても、

《決断は衝動的でも感情的でもなく、(中略)全てやってみての結論だった》

 と言う。過去、幾多のスキャンダルが報じられてきた広末だったが、本人が口を開くのは初めてだ。

 さらに衝撃的な告白が続く。

《20代後半に、人生の中で最悪なことが訪れて――》

《もうしんどすぎて、これ以上頑張れないなって――。いつも気づいたら高い所にいって、誰か背中を押してくれないかな――っていう感じだった》

 一時は“自殺寸前”まで追い詰められたが、子供の存在に押しとどめられたという。

 広末の20代後半といえば、育休から女優業へ復帰、離婚の発表と大きな出来事が重なった。

「当時、彼女は永井大さん(38才)と交際していて、広末さんの子供も彼になつき、“再婚直前”とも報じられていました。

 ただ一方で永井さんは別の女優と、二股をかけている報道もありました。そのことが関係してたんでしょうか…」(芸能関係者)

 そんな《ギリギリ》の広末を救ったのが2010年10月に再婚した現夫のキャンドル・ジュン(42才)だった。2人の子供に恵まれ、現在は3児の母。

 最近は打ち上げ一つとっても「育児放棄」など言われるが《ありえない》と一笑に付す。母として妻として女優として今、広末は充実の日々を送っている。

※女性セブン2016年6月30日号

関連記事

トピックス

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン
女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン