芸能

「99.9」打ち上げ撮 松本潤、最後のスピーチで会場静まる

『99.9』の打ち上げに参加した青木崇高と片桐仁

 最終回(6月19日)の視聴率は今年の民放連ドラ最高の19.1%。その翌日、ドラマ『99.9 ─刑事専門弁護士─』(TBS系)の打ち上げパーティーが開催された。スピーチに立った松本潤(32才)は、感慨深げにこう語った。

「この作品にみんなで取り組めたことは、何より宝だと思っています。本当にこんなに楽しい現場はなかったと思います。そんな雰囲気を作ってくれた共演者とスタッフの皆さんに感謝しています。また一緒に、“9”が3つ並んでるドラマやりましょう!」

 松潤演じる弁護士・深山が、やり手弁護士の佐田(香川照之、50才)、エリート育ちの立花(榮倉奈々、28才)とタッグを組んで、有罪確率99.9%といわれる刑事事件の弁護に挑むリーガルドラマ。手に汗握るストーリーはもちろんのこと、さまざまなシーンにちりばめられた小ネタが話題を呼んだ。

 松潤と敵対する検事・丸川役の青木崇高(36才)が本ドラマの放送中に優香(35才)との結婚を発表したことでも注目を集めた。

 1次会のスタートは夕方6時半。メーンキャストはもちろん、片桐仁(42才)や奥田瑛二(66才)、岸部一徳(69才)らそうそうたる顔ぶれが集まり、シャンパンやワインボトル、ハイボールがどんどん運ばれていった。

「撮影中のNG集が流されたりして、みんな大爆笑でした。途中、出演者が順番に挨拶に立ったんですが、盛り上がったのは青木さんの時。ちょいちょい“優香ー!”ってガヤが入ったりして(笑い)。出演者のLINEグループがあって、結婚を発表していちばん最初に“おめでとう!”ってお祝いメッセージを書き込んでくれたのが松本さんだったらしくて、すごくありがたかったって話してましたね」(ドラマ関係者)

 大盛り上がりで予定を1時間近くオーバーして2次会会場のダイニングカフェに移動した。

「2次会にも80人くらい参加してましたね。驚いたのが、1次会だけで帰った出演者がほとんどいなかったこと。“終わってほしくない”って感じがすごい伝わってきて、撮影中の思い出話が尽きないようでした。2次会の最後に、榮倉さん、香川さん、松本さんの順に挨拶したんですけど、特に松本さんはベロベロ。だけど、みんなへの感謝を話すと会場もシーンとして、松本さんが座長のドラマにかかわれてよかったって思えるラストスピーチでした」(前出・ドラマ関係者)

 それでも飽き足らず日付が変わる頃に一行はカラオケでの3次会へ。“終わらせたくない”打ち上げは深夜3時過ぎまで続いた。

※女性セブン2016年7月7日号

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン