ライフ

虫歯リスク減らす新型入れ歯「ノンクラスプ式」の利点

ノンクラスプ式の入れ歯

歯科治療において本当に歯を抜かなくてはいけない時でも、きちんと「選択肢」が提示されているとは限らない。部分入れ歯にしても、両端に固定するための金具(バネ)のついたものがまず思い浮かぶが、違うタイプも存在する。

 金具のついた入れ歯の場合、金具が触れる部分などに虫歯のリスクが生じることはままあるが、そうした不都合を減らせる「新しい入れ歯」もあるのだ。

「私も使っているんですよ。ここなんですけど、見た目じゃ入れ歯って全然わからないでしょ?」

 そう語るのは歯科医の大神京子院長(ウエストデンタルクリニック、東京・新宿)だ。 大神院長が使っているこの入れ歯は「ノンクラスプ式」と呼ばれるものだ。

 従来の部分入れ歯についている金具がノンクラスプ式にはない。その代わりに「フィンガー」と呼ばれる、歯肉にあたる部分が両隣の歯の出っ張りに引っかかり固定される。

「一般的な入れ歯は(土台部分が)硬くて分厚いけど、ノンクラスプ式は非常に柔らかくて薄い。入れ歯を使う人が一番嫌がる『口中の違和感』が小さく、慣れるとつけているのを忘れてしまうくらい。素材も変わり、よくある“ガムや が入れ歯にくっつく”といった悩みもほとんどありません」

 このタイプの部分入れ歯は日本でも10社以上から発売されており、代表的な「バルプラスト」は50年以上前に米国で開発された。世界100か国以上に普及、日本でも2008年から供給されている。非常に薄くて軽く、金属アレルギーの心配もない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

お誕生日写真で愛らしい笑顔を見せられる佳子さま(2022年12月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
佳子さま、専属カメラマン起用でお写真の雰囲気が変化 「まるでアイドルのよう」の声も
女性セブン
「創価学会票」の消滅で当選が危うい自民議員も(時事通信フォト)
【自民党内部資料スクープ入手】自公亀裂「創価学会票」消滅で自民党議員56人が落選危機に直面
週刊ポスト
豪雨の中で撮影していた深田
深田恭子 体調不良を感じさせない「雨の中の余裕の撮影現場」 恋人とは“適度な距離感”保つ
女性セブン
売春防止法違反の疑いで逮捕された沢村雅也容疑者
「悪いことしたとは思ってない」SNSでモデル女性の売春斡旋「紹介役おにぃ」が語っていた“反省ゼロ”の肉声
NEWSポストセブン
暴力行為等処罰法違反容疑などで逮捕された前参院議員のガーシーこと東谷義和容疑者(時事通信フォト)
【わずか2年で】ガーシー容疑者「家賃も電気代も踏み倒して夜逃げ」から「3億円報酬」も約束のジェットコースター半生
NEWSポストセブン
広島の若手のホープ・玉村昇悟と小園海斗
【TikTokerと極秘おめでた婚】広島カープ・玉村昇悟の妻と小園海斗の妻は「コラボダンス動画」を上げる仲 「インフルエンサー」という共通点
NEWSポストセブン
(写真はイメージ)
「詐欺師め、呪い殺してやる」 国際ロマンス詐欺で1100万円を失った28歳女性の後悔と「恨み節LINE」
NEWSポストセブン
平野紫耀
キンプリ脱退の平野紫耀“中国で再デビュー”の可能性 現地での愛称は「ビスケットちゃん」
女性セブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《別居生活3年》田中美佐子“格差婚”から28年、湘南の自宅から姿を消して…Take2深沢邦之に起きていた「異変」
NEWSポストセブン
問題となっている「湯呑みペロペロ」動画(SNSより)
【スシロー】湯呑みペロペロ少年に6700万円訴訟 父親、涙の謝罪「本人は反省」でも巨額損害賠償請求という現実
NEWSポストセブン
“厳重注意”に終わった広末
《W不倫報道》広末涼子、本人は反論の意向も事務所が“厳重注意”に至った理由「出会って3か月」の衝撃
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! タワマン生活「格差と差別」の地獄ほか
「週刊ポスト」本日発売! タワマン生活「格差と差別」の地獄ほか
NEWSポストセブン