• TOP
  • 芸能
  • 高島礼子 留置所の高知東生から届いた署名入りの離婚届

芸能

2016.07.27 16:00  女性セブン

高島礼子 留置所の高知東生から届いた署名入りの離婚届

夫・高知東生から離婚届が…

 夏の京都。盆地特有のうだるような蒸し暑さの中で、高島礼子(52才)は主演ドラマの撮影に臨んでいた。妻はこの30日間、悩み、迷い、苦しみ続けた。「事態もはっきりしていないのに、“結論”なんて出せない」──そう周囲に明かしていた。

 そんな彼女の元に、7月半ば、封筒に入った1通の書類が届いた。そこには、東京・湾岸警察署の留置場にいる夫・高知東生容疑者(51才)の署名があった。

 高知容疑者が覚醒剤などを所持したとして逮捕されたのは6月24日。逮捕現場はラブホテルで、高知は不倫相手の女性・五十川敦子容疑者(33才)と一緒だった。

 夫の逮捕を受けて、高島は京都で会見を開いた。「妻としての責任がある」と謝罪した毅然とした姿勢は多く人の共感を呼んだ。この場で高島は離婚について問われたが、「私を支えてくださる大勢のかたがいるから、そういう(離婚という)決断をしなければならないことも…」と言いつつも明言を避けた。

「夫に完全に裏切られたわけで、当然、周囲からは離婚を強く勧められていた。今後、裁判などがあるたびに何度でも夫の事件が話題になり、そのつど女優としての高島さんのイメージにも影響が及びますから。それでもなお、彼女は離婚について逡巡していました」(高島の古くからの知人)

 この会見で、夫との関係を「同志のような、親友のような」と話した高島。彼女の胸中を前出の知人はこう忖度する。

「結婚した時はそんな“ドライ”な感じじゃなかったんです。もっとアツアツなカップルで、彼女はすぐ彼にヤキモチを焼いた。彼が飲みに行くときには、“他の女性はいないよね”と心配してついてきたこともありました。でも、いろんなことがあって、夫への気持ちも、夫婦の関係も徐々に変わっていったんです」

 ひとつの要因は、広がるばかりの「仕事の格差」。高島は『極妻』で女優としての確固たる地位を確立し、その後も数々の映画やドラマで主役を務めた。かたや高知は多少の仕事はあるものの、せいぜい脇役どまり。

関連記事

トピックス