「成人式のとき、袴を着た地元の仲間たちと軽トラの荷台に乗って一升瓶の日本酒を回し飲みしながら町を走ってましたね。その軽トラが駅前でひっくり返って、えらい騒ぎになってましたよ。暴力団だとか愚連隊だとか、そういうのではありません。ちょっと強がって不良ぶっている感じ。地元のつきあいの長い仲間たちとつるむ、いわゆる“マイルドヤンキー”でした」(前出・別の友人)

「津久井やまゆり園」に非常勤として働き始めたのは2012年12月。翌年4月に常勤の社員となった。ところが昨年1月末、ツイッターに背中の刺青写真をアップし、《会社にバレました》と書き込んだ。

 そして、今年2月19日に突然退社している。その日、彼は《会社は自主退職、このまま逮捕されるかも…》と書き込んでいた。全国紙社会部記者が言う。

「この2月18日の勤務中に“重度の障害者は安楽死させたほうがいい”と発言したので、翌日に施設は警察に通報、市は20日に彼を緊急入院させました。その時、尿から大麻の陽性反応が出た。診断は大麻精神病や妄想性障害。その後、反省の弁があったので、家族と同居するという条件で退院させたんです」

 しかし彼は退院後も家族とは暮らさず、一人暮らしを続けていた。なぜその時に刑事事件にならなかったのか──。植松容疑者は学生時代から薬物を常用していたという。

「大学時代からだと思いますが、地元・相模原のクラブで、うつろな眼をしている植松くんをよく見かけました。彼はヒップホップやレゲエ音楽が好きで、よくクラブに来ていましたが、そこで合法ドラッグを吸っていたんです」(前出・別の友人)

 犯行のあった26日夕刻、植松容疑者の父親に直撃すると、「私たちにもまだ何もわかりません」と言うのみだった。幼い頃から植松容疑者を知る地元住民が言う。

「この集落周辺の人々は、52年前にできた『やまゆり園』に経済的に依存しているところがあります。住民の雇用先であり、理髪店や食料品店などにとっては取引先です。もしかして植松くんは、“やまゆり園の入居者たちに自分の大切な地元が支配されている”という妄想を抱いたのかもしれません。だから、知的障害者の人に敵意を抱いたのか…」

 犠牲者は無抵抗の知的障害者ばかりだった。躊躇なく刃をつきたてる26才の青年。日本社会の抱える闇は深い。

※女性セブン2016年8月11日号

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
山田邦子
天下を取った女性芸人・山田邦子が語る「テレビが求心力を失った理由」と「傷つけないお笑いへの疑問」
女性セブン
呼吸困難、頭痛など後遺症の組み合わせは多岐にわたる(写真/PIXTA)
疑われ始めたワクチンの効果 追加接種に積極的な国ほど感染者増、自然免疫力への悪影響も
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン