スポーツ

王者・内村航平を悩ませる、母の露骨な「嫁外し」

リオで活躍した内村航平(所属する「コナミスポーツ」HPより)

「いちばんいい色のメダルがとれた。いちばん幸せ者だと思う」。8月11日、五輪史上44年ぶりに体操個人総合で2連覇を果たした内村航平(27才)は雄叫びを上げ何度も拳を突き上げた。その瞬間、東京で見守っていた妻・千穂さん(27才)は娘を膝に抱きながら、「うれしくて、感動して、いちばんはほっとしています」と言葉を絞り出した。目には今にもこぼれ落ちそうな涙──。

 一方、現地リオの応援席では母・周子さんがスタンド席で横断幕を掲げ、声をからしていた。

「奇跡を見せてくれてありがとう!」
「航ちゃん、おめでとう!」

 飾られた横断幕には、「見守ってるよ 家族より」の文字と、周子さんや、父・和久さん、2才年下の妹・春日さん、愛犬の写真が並んでいた。しかしそこに、千穂さんと2人の娘の姿はなかった──。

 世界選手権6連覇、五輪2連覇と他の追随を許さない“絶対的エース”の内村。一転プライベートを見ると、夫として息子として“嫁姑問題”の渦中にいる。

 内村が結婚したのはロンドン五輪後の2012年11月。翌12月に千穂さんの妊娠を発表し、“授かり婚”であることが判明。嫁姑関係はこの時すでに不協和音が生じていた。

「内村は所属するコナミの関係者どころか、母校・日体大(日本体育大学)、日本体操協会にも事前に報告することなく極秘入籍しました。報道を見て驚いた人は多かった。しかも、内村にはそれまで長くつきあっていた彼女がいたのですが、その子と別れてすぐの結婚だったため関係者の間では二重の驚きでした。周子さんは“つきあい始めてすぐにデキちゃった結婚なんて情けない”って怒り心頭でね…。当然、彼女への心証もよくありませんでした」(スポーツ紙記者)

 千穂さんは日体大体操競技部の後輩にあたり、全国大会3位の実績もある。それでも周子さんのお眼鏡にはかなわなかった。当時、結婚についてコメントを求められた周子さんは、「結婚で変わったことはありません」と素っ気ない対応に終始。結婚直後のブログでも意味深にこう綴っていた。《この笑顔だけは絶やさず我慢していきますわ》。

 2013年9月に三重県で行われた全日本社会人体操競技選手権では、嫁姑の“微妙な距離感”が目撃された。

「千穂さんは当時生まれたばかりの長女と一緒に観戦していて、周子さんは少し離れた席に座っていました。でも会話はほとんど交わさず、帰る時もバラバラ。というのも、その時の千穂さんの格好が、露出度が高くピンヒールを履いていたことで、“場をわきまえていない”と周子さんはイライラしていたみたいです。この大会以外でも千穂さんと周子さんが一緒に応援しているのは見たことがないですね」(体操関係者)

 五輪出場を目標に15才で単身上京して以来、練習や合宿、遠征などで実家に帰る時間はほとんどなくなった内村だが、結婚はそんな生活にさらに拍車をかけた。実家のある長崎県諫早市の近隣住民たちは、「お嫁さんと子供さんの姿は一度も見たことがない」と口を揃える。

「東京に出て行って以来、航平くんの姿を見かける回数も少なくなりましたね。といってもお正月はよく帰ってきてましたよ。でも、結婚してからはお正月に一度も見ていないな。結婚翌年だったか、航平くんがひとりで帰ってきたけどその時もすぐに戻っちゃったみたいだし。おばあちゃんもお孫さんには数回しか会ったことがないそうです。お嫁さんがあんまり来たがらないんですかね」(近所に住む女性)

関連記事

トピックス

古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
愛子さまの選択はご公務にも影響を与える可能性
【宮内庁の公式インスタグラム】「フォローする・しない」が外交上のトラブルを生む可能性 “誹謗中傷”\\\\\\\\\\\\\\\"いいね至上主義”のリスクも
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
95歳で亡くなった宗田先生
《宗田理さんラストインタビュー》『ぼくらの七日間戦争』は「子ども向けに書いたものではなかった」根底にあった戦争体験と国家への不信感
NEWSポストセブン
(写真/PIXTA)
【紅麹問題で注目される“サプリメントの闇”】すべての製品の有効性・安全性が担保されていない実情、「機能性表示」という仕組みにも問題アリ
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン