芸能

野沢直子、浜田雅功に紹介した女性が原因で小川菜摘と絶縁?

 大親友だったはずの小川菜摘(53才)と野沢直子(53才)。その2人の関係に異常が生じているという──。米国人男性と結婚してサンフランシスコに住んでいる野沢。毎年夏になると日本に“出稼ぎ”にやってくるのが恒例で、今年も6月末に来日し、8月下旬に帰国した。

 野沢帰国のタイミングにあわせて5年前から毎年開かれているのが「女芸人会」。今年も8月4日に行われ、野沢の親友の清水ミチコ(56才)をはじめ、椿鬼奴(44才)、森三中の黒沢かずこ(37才)と村上知子(36才)、ハリセンボン、ニッチェ、渡辺直美(28才)、バービー(32才)、メイプル超合金の安藤なつ(35才)ら、バラエティー番組顔負けの錚々たる面々が集まった。しかし──。

「やっぱり、小川菜摘さんがいませんでした。例年この会は菜摘さんの行きつけの新宿2丁目のバーで開かれていたんです。でも、今年はお店も違いました。渋谷方面のイタリアンでした」(事情を知る関係者)

 小川はこの日にいなかっただけではない。野沢の帰国直前に集まった芸人の食事会にも姿はなかった。

 野沢は一昨年まで日本滞在中はずっと、20年来の大親友といわれた小川とその夫のダウンタウン・浜田雅功(53才)の家に泊まっていた。来日時には小川が空港に迎えに行き、1か月半居候し、まるで自宅のように振る舞う仲の良さだった。しかし今、2人はまったく会っていないという。

「仲をとりもとうとした人もいたようですが、無理だった。ふたりの前ではお互いの名前を出すこともできない雰囲気です」(前出・関係者)

 昨年、ネットに不仲説が流れた時には、小川がブログで《相方直子との『不仲説』笑 ないないないない~~!》《タイミング会わず、なだけ!!!》と否定してみせたが、今年は沈黙したままだ。“20年来の友情”が壊れてしまった原因はいったい何なのか。

「直子さんが、浜田さんに知り合いの女性を紹介したことがきっかけだったとか。菜摘さんはその女性がどうしても気にくわなかった。菜摘さん、直子さんには遠慮がないだけに“なんであんな人紹介するの”と責めてしまった。そうこう話しているうちに歯止めがきかず大げんかになってしまったようです」(女芸人)

 夫婦仲は覆水盆に返らずというけれど、女の友情ははたして…。

※女性セブン2016年9月22日号

関連記事

トピックス

スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
堂安律
スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声
NEWSポストセブン
W杯の解説者たち 本田圭佑らの“視聴者を助ける”ワールドクラスな「アシスト力」
W杯の解説者たち 本田圭佑らの“視聴者を助ける”ワールドクラスな「アシスト力」
女性セブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン