芸能

すみれが手つなぎデート 新恋人は「世界トップ50」のモデル

レコード店でお買い物デート

 今から1か月半ほど前、まだまだ暑さの残る渋谷センター街にひと際目を引く長身カップルの姿があった。ふたりはごった返す雑踏の中でも、周囲の目を気にすることなく、堂々と手を繋いでいた。

 お店を探しているようで、女性が看板を指さしたりしながら、男性を積極的にリード。カノジョは甘えるようにカレのポケットに手を入れてみたりと、完全にふたりだけの世界だ。

 175センチのスタイル抜群の女性は、モデルで女優のすみれ(26)だ。石田純一(62)と松原千明(58)の間に生まれた娘という方がピンとくる人もいるだろう。両親の離婚後はハワイで暮らしていたが、2011年から日本で芸能活動をスタートさせると、父・石田の後押しもあって大ブレイク。『新チューボーですよ!』(TBS系)で巨匠・堺正章のアシスタントという大役も務めた。現在出演中の競艇のCMではセクシー衣装を披露している。来年にはハリウッドデビューも決定しており、都知事選出馬騒動以降、仕事が減ってしまった石田を上回る活躍を見せている。

 プライベートでは、2014年夏に女性誌で俳優・早乙女太一の弟・友貴とのハワイ旅行が報じられたが、それから2年が経ち、新たな恋に突き進んでいたのである。

 お相手は、185センチの身長と日本人離れしたスタイルを活かし、モデルとして活躍する上田大輔(29)だ。

「彼は日本人で初めて『世界のモデルTOP50』に選ばれるという快挙を成し遂げました。パリコレなどにも出演するワールドワイドな人気モデルです」(ファッション業界関係者)

 双方の所属事務所は「仲のよい友人と聞いています」(すみれ)、「プライベートのことは本人にまかせています」(上田)というが、すみれの知人が明かす。

「今年初めにパーティーで知り合ったそうです。ジムでのトレーニングという共通の趣味もあって、すぐに意気投合。すみれちゃんは友人や仕事仲間にも彼を恋人と紹介しています」

※週刊ポスト2016年10月28日号

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
駅伝でも“エスビー軍団”は最強を誇った(1984年の東日本実業団対抗駅伝で瀬古からタスキを受けるロス五輪1万m代表の金井豊。写真/共同通信社)
瀬古利彦を育てた中村清監督、エスビー時代に繰り返し伝えた「才能は有限、努力は無限」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン