国内

関東連合元最高幹部「見立君はフィリピンの離島にいる」

関東連合の元最高幹部が実名告白

 市川海老蔵への暴行事件(2010年11月)や、六本木のクラブ殺人事件(2012年9月)などで世を騒がせた半グレ集団・関東連合。その元最高幹部である柴田大輔氏(37)が、自らが関わってきたAVビジネスや芸能界の内幕を実名告白した──。(取材・文/伊藤博敏=ジャーナリスト)

 * * *
 AVを足がかりに芸能、そしてITで大金を稼ぐようになった柴田氏は、25歳の頃、顧問弁護士に「上場を目指しなさい」と、勧められた。

「本気で働きましたし、人を引っ張る力、マネジメント能力、営業力にも自信が出てきました。年商40億円を達成、従業員も80人を超えていましたから、自分でも一介の経営者のつもりでした。でも、上場はできなかった。関東連合という経歴がネックになったのです」

 それでも、関東連合から足を洗うことはできなかった。理由は後に六本木クラブ殺人事件の主犯格として指名手配され、現在逃亡中の関東連合リーダー、見立真一容疑者の存在だった。先輩である見立容疑者には抗えなかった。見立容疑者の下の世代をまとめていた柴田氏は彼からの防波堤という役割も担っていた。

 闇金融を手がけていた見立容疑者の事業が斜陽になり、上納金を求められるようになると、ますます柴田氏の気持ちは関東連合から離れていく。さらに2010年には海老蔵事件が起こり、関東連合に対する当局の目が厳しくなった。当時、柴田氏には1億5000万円の年収があったが、家賃60万円の不動産審査に通らず、複数あった証券口座も次々と閉じられていった。

 そして決定的となったのが2012年の六本木クラブ殺人事件だった。

「まだ見立君と連絡を取っているメンバーはいるようです。現在、フィリピンの離島にいる彼は、マフィアとも反政府軍団とも言われる人たちに匿われていると聞く。一時期、ペルー国籍を取って逃げ切るという話もあったけど、整形し顔も国籍も変えて日本に密入国する可能性もあるでしょう。

 完全に関東連合に対する気持ちは切れた。僕の『関東連合元最高幹部』っていう肩書きは恥ずかしくてしょうがない。一人では喧嘩もできない連中なんですよ。関東連合なんて虚像です」

 そんな集団が、「女」と「暴力」を武器に、六本木や西麻布の夜を支配していた。21世紀初頭、東京の片隅で起きた経済裏面史である。

※週刊ポスト2016年11月4日号

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン